|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

短編37


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お腹・・・痛い・・・」
クラウンが苦しそうに腹を押さえてうずくまる
ラウンジはそれを見ると背中を擦りながらクラウンの顔を覗き込む
「あれ?」
「ううん、私、まだ・・・きてない・・・」
クラウンの言葉にラウンジは顔をしかめながらスカートを持ち上げる
確かにまだなようだが・・・
「アンタ、そういえばまだなんだっけ?」
「うー・・・」
苦しそうに腹を捩るクラウンにラウンジはお腹を擦ってあげる
「まだぁ・・・」
ラウンジは自分が中1でなった事を思い出してあまり変わらないか・・・と思ってみた
「トイレいく?」
「う、うん・・・」
ふらふら歩き出したクラウンにラウンジは溜め息をつく
食べ過ぎだってば・・・