※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シン
#ref error : ファイルが見つかりません (king.jpg)
力こそが正義
いい時代になったものだ

南斗六聖拳の一人で南斗孤鷲拳(貫通力を重視した流派…らしい)の使い手。
愛に殉じる宿命を背負う「殉星」を持つ男。
ケンシロウからユリアを奪い、その胸に七つの傷を刻んだ宿敵。
KINGという軍団を率い、自らをKINGと名乗り関東一円を支配している。
部下にはスペード、ダイヤ、クラブ、ハート様などがいる。

攻撃力はやや低めだが、すべてのキャラをガードクラッシュさせることができる。
そのためシン側は、常にガードクラッシュのプレッシャーを与えつつ戦うことができる。
それだけでなく、全キャラ屈指のめくり能力、コマンド投げがあるのでガード崩しにも長けている。

…が、ジャンプキャンセルが無いため(一応白燕転翔でフォロー出来るが読まれると各キャラの対空技で割り込み確定)攻勢の継続力に欠ける。
またJの移行Fが他キャラより遅いため、J攻撃を潰され易い。
現在では獄屠拳やブースト虐指葬による、ぶっ放し単発キャラとなった。(というかキャンセルでだして攻め継続に使える性能の技がないため、仕方なく単体で牽制に使ってるのだが…

屈Bの姿勢が非常に低く、様々な技をスカしながら攻撃する事が可能。
アミバの屈Dすら透かす事が可能で、当初シンはアミバと比較的まともに対戦になる数少ないキャラと思われたが、アミバ側がワンパターンでない限り屈B割り込みは決定的な長所とはなり得ない。
(あくまで一部のキャラよりマシな程度で不利であることは変わりない(苦笑))

立ち回り・コンボともに北斗七星ゲージを奪う能力は全キャラでトップクラス。
そのため一撃を狙う機会は多い…………が、各キャラの研究が進んでいる現在、星取り能力はそこまでアドバンテージにならない。
いくらなんでも全ラウンド一撃は無茶。そのため、2R制より3R制の方がきつくなるのが現状である。

究極奥義は南斗雷震掌が割り込み、対空、ぶっ放しに役立つが出が遅く少々使いづらい感じも。
ガードキャンセルと使い分ける必要があるだろう。
現状で全てのキャラ(アミバにも)に対し、極端な有利・不利がなく、楽しい対戦が出来る。

悩みどころは最大火力の低さ。
それを補うためにはE同時押し千首龍撃を会得し、5割コンボのコンスタント性を上げるべし。

  • 現行したらばシンスレ


  • シン攻略サイト、ブログなど






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー