※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スキーマ

心理学ではスキーマ、人工知能研究ではフレーム、社会行動研究ではスクリプトという。命題表彰やイメージ表象によって、知識は複雑に組織化され、人間の認知活動を手助けしている。この組織化された知識の枠組みをスキーマという。人間の記憶は、意味内容を取り込み、最盛時にいくつかの手がかりをもとに再構成する過程であり、スキーマの影響をうけている。

スクリプト

繰り返し経験したある出来事に関する知識は、ルーチン化された行動として構造化される。このように、ある特定の状況に関する行動の記憶をスクリプトとシャンクとエイベルソンは名づけた(1977)。

スキーマの構造

ラメルハートとオートーニーがスキーマーの性質をまとめている(1977)。
顔のスキーマを考えると以下の性質も理解しやすい。

  1. 変数を持つ
  2. 埋め込み構造をしている
  3. さまざまなレベルの抽象度に対応する
  4. 定義ではなく、知識を表現する