※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Gavotte Ramdiskとは

Gavotte Ramdiskとは32bit版Windows管理外のメモリをRAMディスクとして使えるソフトウェアです。

最近はメモリ価格が下落し、メインメモリを4GB以上搭載することもたやすくなりました。
しかしながら、32bit OSでは3.5GB以上のメインメモリを認識できないため、余った領域は無駄になっています。

そこでその余ったメモリ領域をRAMディスクとして利用できるGavotte Ramdiskを使ってみました。

同様のソフトウェアとしては
  • RamPhantom
  • ERAM
などがあります。


RAMディスクとは

ここではメインメモリの一部をハードディスクのように利用する仕組みをRAMディスクと呼びます。
(より広義としては、USBメモリやSSDなどのフラッシュメモリ全体を指します)
RAMディスクの特徴は以下のとおりです。
  • 通常のハードディスク等と比べ高速な読み書きができる
  • PCの電源を切ると記録内容は消える

このため以下の用途で使われます。
  • ブラウザのキャッシュ
  • 解凍・圧縮のテンポラリフォルダ
など


RAMディスクを導入すれば誰でも便利になるものではありません。
自ら積極的に使っていってこそ効果が出るものだと思っています。

私の場合
  • 高速な読み書きが可能
  • 電源を切ると記録内容が消えてくれる!(ごみが残らない)
  • 一時作業で使うファイルをRAMディスクにおけばハードディスクを汚さない(ハードディスクの断片化を防げる)
という理由から常用しています。