※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あえてVer1を好んで使う方がいるようですのでページ自体は残しますが、今後メンテナンスの予定はありません。


仮想マシンの開始方法

仮想マシンの用意

ダウンロードもしくは自分で作成した仮想マシン(のデータファイル)を用意します。
VMware Serverを使った仮想マシンの作成方法はこちらをご覧ください。
VMware Player単体での仮想マシンの作成方法はこちらをご覧ください。

なお仮想マシンをダウンロードする場合は、以下からダウンロードすることが出来ます。
VMware公式内
http://www.vmware.com/appliances/

VMware Playerの起動

VMware Playerをスタートメニューのプログラムなどから起動します。


開く

「コマンド」の「開く」を選択します。
ファイル選択画面が出ますので事前に用意していた仮想マシンの「.vmx」ファイルを選択し、「開く(O)」ボタンを押します。
※なおVMware以外で作成した仮想マシンを選択する場合は、「ファイルの種類」にて種類を変更しファイルを選択してください。
MicrosoftのVirtual PCで作成した仮想マシンなどが選択可能です。


開始

仮想マシンが開始されます。


ホストマシンと仮想マシンの切り替え方法

実際に存在するリアルなOSをホストマシンと呼び、今回実行したバーチャルなOSを仮想マシンと呼びます。
ホストマシンと仮想マシンを切り替える場合は
  • ホストマシン→仮想マシン:Ctrl+G、もしくはVMware Playerのウィンドウを左クリック
  • 仮想マシン→ホストマシン:Ctrl+Alt
です。


仮想マシンの終了方法

以下の方法が考えられます。
  • 仮想マシンのOS上でシャットダウンする
  • VMware Playerのウィンドウの右上の×ボタンを押して終了させる
  • VMware Playerのウィンドウのメニューから「VMware Player」>「トラブルシューティング(T)」>「パワーオフして終了(O)」