※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Cygwinのインストール

setup.exeのダウンロード

cygwin.comからセットアッププログラム(setup.exe)をダウンロードします。
(setup.exeの保存先はどこでも構いませんが、私は一時的にデスクトップに保存しました。)

cygwin.com
http://cygwin.com/

セットアッププログラムの実行

ダウンロードしたsetup.exeを実行します。
「次へ(N) >」を選択します。


「Install from Internet」を選択し「次へ(N) >」を選択します。


「Root Directory」を「C:\cygwin」、「Install For」を「All Users」、「Default Text File Type」を「Unix / binary」と入力し「次へ(N) >」を選択します。
(「Root Directory」は日本語などを含むディレクトリでないほうが無難だと思われます。)

  • 「All Users」を選ぶ理由についての記載(Cygwin User's Guide)
レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE、或いは「All Users」スタートメニューに対するアクセス権限がない場合を除き、 Install For オプションの All Users 或いは Just Me は、常にデフォルトである All Users にしておいて下さい。たとえ、貴方がそのマシンで Cygwin を使うと思われる唯一のユーザであったとしてもです。 Just Me を選択した場合、 crond や sshd といったプログラムにおいて問題が発生するでしょう。
The Install For options of All Users or Just Me should always be left on the default All Users, unless you do not have write access to HKEY_LOCAL_MACHINE in the registry or the All Users Start Menu. This is true even if you are the only user planning to use Cygwin on the machine. Selecting Just Me will cause problems for programs such as crond and sshd
  • 「Unix / binary」を選ぶ理由についての記載(Cygwin User's Guide)
DOS (これは \r\n を利用します) を選択しなければならない重要な理由がある場合を除いて、 Default Text File Type は Unix(これは \n を利用します) のままにしておきます。
The Default Text File Type should be left on Unix (that is, \n) unless you have a very good reason to switch it to DOS (that is, \r\n).
(Cygwin上のUNIXアプリケーションから透過的に操作するためには「Unix / binary」を選ぶのが無難だと思われます。)


「Local Package Directory」を「C:\cygwin」と入力し「次へ(N) >」を選択します。
(「Local Package Directory」は日本語などを含むディレクトリでないほうが無難だと思われます。インストール完了後このディレクトリは削除しても問題ありませんが、ディスク容量が許せばReInstallの際などに便利です。)


「Direct Connection」を選択し「次へ(N) >」を選択します。
(IEに設定されているプロキシを利用する場合は「Use IE5 Settings」、手動でプロキシを設定する場合には「Use HTTP/FTP Proxy」を選択し「Poxy Host」と「Port」を入力します。)


「Available Download Sites:」にて「ftp://ring.so-net.ne.jp」を選択し「次へ(N) >」を選択します。
(どこを選択しても良いですが、お住まいが日本であればjpがつくものを選ぶとダウンロードが早いと思います。)

参考:Cygwin JEを利用する
本ページでは利用しませんが日本語(国際)化対応したパッケージを利用できます。
SourceForge: Cygwin JE
http://sourceforge.jp/projects/cygwin-je/
このパッケージを利用する場合は「User URL:」に「http://cygwin-je.sourceforge.jp/cygwin_je/」を入力し、「add」ボタンを押してください。
「Available Download Sites:」に「http://cygwin-je.sourceforge.jp/cygwin_je」が追加されます。
こちらを選ぶことでCygwin JEのインストールをすることができます。
蛇足ですがダウンロードサイトはCtrl+クリックを押すことで複数選択できます。


「Select Packages」にて「All」の右の「Default」をクリックし「Install」を選択し「次へ(N) >」を選択します。
ファイルダウンロードおよびインストールが始まります。
(もちろん「Default」を選択し、必要に応じて追加パッケージを選択することも可能です。また後からもう一度このsetup.exeを実行することで追加インストールも可能です。ここでは面倒なので全インストールを選びましたが、上述の方法を取ることでファイルダウンロード時間およびディスク容量を抑えることができます。)


「Create Icons」にて「Create icon on Desktop」と「Add icon to Start Menu」を選択し「完了」を選択します。
(ここでは「Create icon on Desktop」と「Add icon to Start Menu」の両方にチェックをいれましたが、私自身はデスクトップアイコンやスタートメニューが増えるのが嫌いなためチェックをいれていません。)


「Installation Complete」と表示されるので「OK」を選択します。


以上でインストール完了です。

起動確認

以下のいずれかの方法で起動できます。
  • デスクトップにできたCygwinアイコンをダブルクリック
  • スタートメニューにできた[Cygwin]>[Cygwin Bash Shell]をクリック
  • 「C:\cygwin\cygwin.bat」を実行


終了確認

以下のコマンドを入力してください。
exit

参考:終了時に「バッチジョブを終了しますか?」と表示される
バッチ ジョブを終了しますか? (Y/N)?
と聞かれた場合は「Y」を押してEnterキーを押してください。
これはcygwin.batを利用中にCtrl+Cキーを押すとcygwin.bat終了時に表示されます。
Windowsのバッチプログラム中にCtrl+Cキーを押すとバッチプログラムの中断が行われるために表示されるため、返答が面倒なだけで特に問題ありません。



その他

WindowsTIPS

アクセス権の変更

Cygwinのアンインストール時に困ったのは削除できないファイルやフォルダがあったことです。
関係のありそうなサービスは全部止めたんですがダメでした。
どうやらアクセス権の問題のようです。
WinXP Proの方はファイル(フォルダ)のプロパティから自ユーザに関するアクセス権をフルアクセスにしてから削除してください。
(自ユーザに関するアクセス権がない場合は同画面内から追加できます)

私はWinXP HOMEなのでそのあたりのメニューが出てこないわけですが下記コマンドでアクセス権の変更が出来ます。
cacls C:\Cygwin /T /C /G ユーザID:F
下記のような表示が行われればアクセス権の変更はOKです。
C:\>cacls C:\Cygwin /T /C /G uhaku:F
よろしいですか (Y/N)?y
処理ファイル: C:\Cygwin

上記でも変更できない場合、ファイル(フォルダ)のオーナーを自分に変えてからもう一度上述を行ってください。
オーナーを変更する手順は下記です。
  1. setaclを手に入れる。
    http://sourceforge.net/projects/setacl/
  2. 解凍後下記コマンド実行
    setacl -on "c:\Cygwin\usr\local\pgsql\data\postmaster.opts" -ot file -rec co
    nt_obj -actn setowner -ownr "n:uhaku"
    Processing ACL of: <\\?\c:\Cygwin\usr\local\pgsql\data\postmaster.opts>

    SetACL finished successfully.

追記:
「cygwin」「削除できない」のキーワードでたどり着く方が多いようなので、上述と若干方法が違いますが補足します。
setaclはコマンドライン版をダウンロードし利用してください。
cygwinを「C:\cygwin」にインストールし、あなたのユーザ名が「anata」だったとします。
(さらに「anata」は管理者権限があるものとします)
(1)ファイルの所有者を「anata」に変更します。
setacl -on "c:\cygwin" -ot file -rec cont_obj -actn setowner -ownr "n:anata"
(2)次にファイルの「anata」に関するアクセス権限を読込・書込可に変更します。
setacl -on "c:\cygwin" -ot file -rec cont_obj -actn ace -ace "n:anata;p:full"
(3)削除します。
rmdir /s /q c:\cygwin
※cygwin関連のファイルに別のプログラムがアクセスしている場合、操作に失敗しますので事前に停止しておいてください。


不要サービスの削除

cygrunsrvなどでサービスを追加していた場合、Cygwin削除後に不要サービスが削除できず困る場合があります。
コントロールパネルの管理ツールから色々やってみたのですが、サービスの開始停止は出来ても削除がわかりません。
私は下記コマンドで削除しました。
sc delete サービス名
サービス名は上述管理ツールから確認できます。

追記:
Cygwin削除前なら、下記でも削除できる気がします。
cygserver -R サービス名


以下コメント
  • 2009/03/15 setaclのリンク先をファイル直接ではなく、プロジェクトサイトに変更した -- uhaku (2009-03-15 15:03:07)
  • 2009/04/14 ファイルおよびサービス削除方法について追記 -- uhaku (2009-04-14 23:14:14)