※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

X起動

ランチャ登録やデスクトップにリンクを置いておけば便利
C:\cygwin\usr\X11R6\bin\startxwin.bat
startxwin.batを編集して下記を書いておく

xtermオプション

xterm +pc -rightbar -rv -sl 2000 -sb -e /usr/bin/bash -l

rxvtオプション

rxvt -km sjis -rv -sl 2000 -sb -e /usr/bin/bash --login

~/.bashrc

[スケルトンの場所]
/etc/skel/.bashrc

[ユーザ設定例]
if [ -f /etc/bashrc ]; then
 . /etc/bashrc
fi

export CYGWIN="server glob ntsec smbntsec winsymlinks"
export LANG="ja_JP.SJIS"
export TZ="JST-9"
export JLESSCHARSET="japanese-sjis"
export LESS="-r"
export MAKE_MODE="UNIX"
export SHELL="/bin/bash"
export TMPDIR="/tmp"
export PAGER="less"
export USERNAME="`id -un`"
export PGDATA=/usr/local/pgsql/data

alias dir="ls -F --color --show-control-chars"
alias grep="grep --color"
alias ls="ls -F --color --show-control-chars"
alias rm="rm -i"
alias mv="mv -i"

umask 022

~/.inputrc

[スケルトンの場所]
/etc/skel/.inputrc

[ユーザ設定例]
"\e[3~": delete-char
"\e[1~": beginning-of-line
"\e[4~": end-of-line
"\e[H": beginning-of-line
"\e[F": end-of-line
"\e[7~": beginning-of-line
"\e[8~": end-of-line
"\eOH": beginning-of-line
"\eOF": end-of-line
set kanji-code sjis
set meta-flag on
set convert-meta off
set input-meta on
set output-meta on
$if Bash
  set bell-style visible
  set show-all-if-ambiguous on
  set mark-directories on
$endif

~/.bash_profile

[スケルトンの場所]
/etc/skel/.bash_profile

[ユーザ設定例]
if [ -e /etc/bash.bashrc ]; then
  source /etc/bash.bashrc
fi
if [ -e "${HOME}/.bashrc" ]; then
  source "${HOME}/.bashrc"
fi

~/.vimrc

[ユーザ設定例]
set enc=japan

~/.xinitrc

~/.Xdefaults

~/.Xresources


/etc/passwd

mkpasswd -l > /etc/passwd
  • ユーザ名が日本語等のときは英字等に変えておく
  • (お好み)自身のホームディレクトリを変えておく
  • (お好み)自身をAdministratorsグループに所属させておく

/etc/group

mkgroup -l > /etc/group
  • (お好み)「なし」を「nobody」等の英字に変えておく
  • (お好み)「Administrators」を「admin」等に変えておく

cygcheck

[パッケージに含まれるファイルの一覧]
cygcheck -l coreutils

[指定されたファイルを含むパッケージの表示]
cygcheck -f /bin/ls

[インストール済みパッケージ一覧:ベリファイなし]
cygcheck -cd
cygcheck -cd gcc

[インストール済みパッケージ一覧:ベリファイあり]
cygcheck -c
cygcheck -c gcc

ユーザ管理

SSHやFTPサービスを立ち上げる際にユーザを作成する必要が出てくるかもしれない。
(PostgreSQLをpostgresというユーザで起動させたい場合にも必要かと思います)

ユーザの追加:(Windowsのコマンドです)
net user postgres postgres /add /fullname:postgres /comment:'PostgreSQL user account' /homedir:"$(cygpath -w /home/postgres)"

アカウントにサービスを実行できる権限を付与する
editrights -u postgres -a SeServiceLogonRight

ユーザの削除:(Windowsのコマンドです)
net user postgres /delete





以下コメント
  • 2007/04/21 rxvtのオプションについて記載 -- uhaku (2007-04-21 19:26:35)