ソードワールドRPG完全版のエルダー・ドラゴンを倒せ2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(第一章の文章は寄稿されていないため、第二章からになります)


ソードワールドRPG完全版のエルダー・ドラゴンを倒せ

第二章 リプレイ「5+5匹の鬼畜と鬼畜GM」

100D100

 私は約束を守りました。ええ守りましたとも。前回のコンベンション部誌で「こうなったら次の部誌(コンベンション用)に続編を載せよう。」と書きましたよね?みなさんが約束していた気になっていたかどうかはともかく、こうして帰ってきました。え?「帰って来るな」?ああっ部誌を燃やさないでください!鍋敷きぐらいにはなりますから!過去の部誌と重ねれば枕にもなります!

 

 今回は前回の考察の結果をリプレイ形式で実験します。あくまで実験であり、エルドラとの戦闘がメインになりますので、シナリオの方は期待しないでください。ちなみに、リプレイ形式ではありますが、PCが作戦通りに動かないと勝てるわけがないので、全PCとGMをこの私100D100が一人で操ります。つまり「脳内リプレイ」です。

 では、これより始まるTRPG研史上最狂のゴミ(脳内)リプレイ「5人+5匹の鬼畜と鬼畜GM」を楽しむ努力をしてください。

 ではキャラ紹介から

 

 クリティカル

器用度:28 敏捷度:28 知力:18 筋力:6

生命力:13 精神力:22

 種族:グラスランナー 性別:男 年齢:40(外見20)

 技能:レンジャー1 シーフ3

 装備:キャット・クロー

    魔法のスモール・シールド+3

    コールド・クローク

    クイックネス・リング

    パリー・パリー

    スケープドール

    解毒の指輪

    無限のバッグ①×②

    悪魔召還の壺

    飛空のマント

    淑女の仮面

    軍馬+疾風の蹄鉄+勇気ある者の盾

  まさしくSWクリティカルを連発するために生まれてきたグラスランナーシーフの鏡。すでに開発中に7連続クリティカルという快挙を成し遂げており、主戦力としての期待は十分。・・・つまり(使えるという意味で)まともな戦力はこいつ一人。男に対しては用心深いが、女性には親切というまあしょうがないんじゃねといった性格。け、決してサイコロで決めたわけじゃないからなっ。

  

  アクシス

 器用度:22 敏捷度:22 知力:22 筋力:16

生命力:18 精神力:22

 種族:ハーフエルフ(人間育ち) 性別:男 年齢:30(外見15)出身:魔法使い

 技能:ソーサラー2 セージ2

 装備品:ソーサラー・スタッフ

     コールド・クローク

     クイックネス・リング

     パリー・パリー

     スケープドール

     解毒の指輪

     無限のバッグ①×②

     悪魔召還の壺

     飛空のマント

     淑女の仮面

     軍馬+疾風の蹄鉄+勇気ある者の盾

     リンゲージ・リング

     ルーンの指輪

     全古代語魔法のスクロール×∞

  クリティカルを強化する役割その一号。無限のバッグ①×②に魔法の巻物を半無限個入れている。用心深くて「ばるばる」な性格。「ばるばる」の意味調べなきゃ。

  ばるばる…どうやらTRPGのとあるキャラクターの名前らしい。ネットで調べたが、性格というよりも種族的特徴に近かった。

  いくら「ばるばる」だからって、目から怪光線出したり触覚あるのはロールプレイがめんどいので、振りなおした(げっバレた?)。

  結果、「用心深いのに元気爆発」という残念な結果に。ロールプレイどうすんだよー(泣)。

 

  マーテル

器用度:22 敏捷度:22 知力:22 筋力:16

生命力:18 精神力:22

 種族:ハーフエルフ(人間育ち) 性別:女 年齢:30(外見15) 出身:司祭

 技能:プリースト(ラーダ)3

 装備品:魔法のラージ・シールド+3×2

     魔法のプレート・アーマー+3

     クイックネス・リング

     パリー・パリー

     スケープドール

     解毒の指輪

     無限のバッグ①×②

     悪魔召還の壺

     飛空のマント

     淑女の仮面

     軍馬+疾風の蹄鉄+勇気ある者の盾

     リンゲージ・リング

     22点魔昌石×∞

      アクシスの彼女(リンゲージ・リングをはめてるから)。背中の無限リュックに大量の魔昌石を入れている。ハーフエルフの癖にプレート・アーマーとラージ・シールド(しかも2つ)を装備する怪力つくしんぼうのつもりだが、「笑顔を絶やさない」性格。・・・はぁ?。日本語としては矛盾しているが、振ったにしてはまともな性格になりそうだ(だから振るのやめろって)。

     

  エフェクトス

 器用度:24 敏捷度:24 知力:24 筋力:9

 生命力:13 精神力:22

    種族:エルフ 性別:男 年齢:100(外見25)

    技能:シャーマン2

    装備品:クイックネス・リング

        パリー・パリー

        スケープドール

        解毒の指輪

        無限のバッグ①×②

        悪魔召還の壺

        飛空のマント

        淑女の仮面

        軍馬+疾風の蹄鉄+勇気ある者の盾

        22点魔昌石×

        ファスト・フィンガー

        プラント・コマンド・ワンド

        コールド・クローク

        植木

    知力24という超天才シャーマン。善人のつもりだが、下品。ああ、エルフなのに・・・(それは偏見、『新米女神の勇者たち』のエルフはガキ大将だった)。植木は植物系精霊魔法を使うため。

   アダマス

  器用度:21敏捷度:13知力:16筋力:22生命力:28 精神力:32

   種族:ドワーフ 性別:男 年齢:80(外見40)

  技能:ファイター2

     クラフトマン5

  装備品:クイックネス・リング

      パリー・パリー

      スケープドール

      解毒の指輪

      無限のバッグ①×②        

悪魔召還の壺

      飛空のマント

      淑女の仮面

      軍馬+疾風の蹄鉄+勇気ある者の盾

      勇気ある者の盾

      魔法のプレート・アーマー+3(必筋37!!)

   筋力も回避力も全て鎧にささげた壁役の鏡、防御力は45(うわあきもい)。勇気ある者の盾により軍馬が全滅した後のドラゴンの攻撃を一手に引き受ける。筋力オーバーしているため回避が0になった。人がいいがイヤミったらしい。   

   

 

ゲームマスター

  器用度:4敏捷度:4知力:4筋力:4生命力:4      精神力:4

  種族:たぶん人間 生まれ:一般人 性別:男 年齢:15

  技能:ゲームマスター-1

     TRPGプレイヤー-1

・・・そこまで卑下しなくても。100D100の基本人格。

  

  ・・・よしっ。キャラ紹介だけで4枚埋めた!あとノルマまで8枚!

 

 

シーン0:いきなり最終戦闘、これリプレイじゃねえ

GM:では、リプレイ「5人+5匹の鬼畜と鬼畜GM」を始めまーす。

一同:わーぱちぱち。

クリティカル:脳内リプレイってどんな感じで進めんの?

GM:ルールブックとキャラ紙見てニヤニヤしながら一人でぶつぶつ言ってる奴は素人。実際にはルールブックとキャラ紙を時々見ながら無表情にパソコンに打ち込んでいるだけだから、外から見ただけじゃ何やってるかわかんないよ。「脳内」だからね、外に漏れちゃいけないんだ。

アクシス:てか「素人」ってなんだよ!今回がTRPG研史上初じゃねえか!(多分)

マーテル:え?石油王子とか石油王妃や石油第二王子は次期部長の脳内リプレイじゃないんですか?

エフェクトス:それ言うなー!(一同笑)

アダマス:今の「一同笑」って要するに一人笑いだよな?キモッ。

クリティカル:しっかり外に漏れてんじゃねえかっ。

GM:これ以上「オリジナル」を叩くな!自己批判で卓が終わるぞ!

アクシス:あ、そーだそーだ。GM、キャラクターを自由に動かせるんだからちゃんと個別導入考えてるんだろーなぁ?「あなたたちはぱーてぃーです」って言ったらGMにとってかわって100D100の身体のっとってやる。「あなたたちはぱーてぃーではありませんでした。しかし、ばったりであっていきとうごうしてぱーてぃーをけっせいしました」もダメだからな!

GM:はいはい。「あなたたちはパーティーではありませんし、意気投合もしてません。」

マーテル:意気投合してないとそれはそれでだめな気がします・・・。(笑)

GM:「しかし、協力せざるを得ない状況です。あなたたちは出口のない洞窟のなかにいて、目の前に腹をすかせたエルダー・ドラゴンがいます。」

   あ、洞窟の中は魔法かなんかで明るくなってるから、灯りはいらないよ。

一同:おい。

GM:へ?

エフェクトス:GM、おまえ●●(放送禁止用語)。

アダマス:そんなに身体のっとられたいか?

クリティカル:最早リプレイじゃねえじゃん。

アクシス:部誌のクオリティが今ので5分の1になったじゃねえか。

マーテル:いや、×0だ。もう敬語つかわねぇぞ。

GM:くっくっく。最初に「シナリオの方は期待しないでください」って書いたじゃん。それに、俺を乗っ取るならまずエルダー・ドラゴン倒したら?ぼやぼやしてると消されるよ?

アダマス:「シナリオ」言うな!ただの駄文じゃねえか!

クリティカル:しかたない、まずはエルドラを倒そう。GMはその後だ。

GM:物分りがいいねえ。敏捷力宣言。

クリティカル:28

アクシス:28、ひゃっはー、グラスランナーに追いついたぜ。

マーテル:28

エフェクトス:30、ひゃっはー、ハーフエルフども遅え。(笑)

アダマス:13、軍馬たちは22ね。

GM:エルドラの敏捷度は10・・・・・・・・・・。

   エルドラはともかく、なんでお前ら軍馬より早いんだよ!エルフがグラスランナーより早くなるな!(一同爆笑)

アダマス:出た、「一同爆笑」。外から見てたらただの廃人じゃねえか。

クリティカル:まあ俺だってファスト・フィンガー使いたいんだけどさ、身体強化ができなくなるから。

GM:まあいいや。行動しろ。

エフェクトス:エルドラに《チャーム》使う。(ころころ)19.

GM:かかるわけないだろ。

アクシス:俺はクリティカルに《フル・ポテンシャル》かける。(ころころ)成功。

クリティカル:やったー攻撃力10だー。

マーテル:私はエルドラに《ウィーク・ポイント》達成値+1でかける。(ころころ)失敗

GM:そういや前の原稿では物理攻撃の事しか考えてなかった(笑)。やべえ、お前ら死ぬかも。

クリティカル:とうとう俺の出番か、エルドラに強打、クリティカル値-1ね(ころころ)。

アクシス:当ててよ。

マーテル:当ててください。

エフェクトス:当てろよ。

アダマス:当てろ。

クリティカル:プレッシャーが・・・21。エルドラの回避点は20。俺がんばったよ。(一同拍手)

GM:実際出目は11だしな。ここでダメージ出さないと次はないかもしれないぞ。

クリティカル:ふっ、期待値でクリティカるからな(ころころ)。

アクシス:せめてダメージ通してくれ!

マーテル:できる限り致命傷にしてください。

エフェクトス:一撃で倒せ。

アダマス:ONE KILL。

クリティカル:無理だって!お、一回目は無事クリティカル。二回目は・・・強打してなきゃここで止まってた(笑)。三回目も無事クリティカル・・・17回目、出目5か・・・最後ショボい。

       トータルで68点ダメージ。

一同:おおおおおおおおおおおおおおおおおおお(拍手)。

GM:・・・鬼畜過ぎる・・・多分TRPG研最高記録だ・・・・47点通った・・・一気に半分以上削られた・・・SWで出る数字じゃねえ・・・・。

アダマス:ふっふっふ、大したことねえなあ。次は俺が攻撃・・・防御専念だ。あと、エルドラの後ろに軍馬と一緒に回りこむ。

エフェクトス:回避力0だから正直意味ないんじゃね?

アダマス:うるせえ!俺は自分のダイスを信じる!とりあえず軍馬たちも防御専念だ。

GM:ついにこっちの番か・・・。《エッグ・シェルター》使いたいところだけどそうしちゃうとエルドラが全快するまでお前ら最低10日は待たなきゃいけないし・・・。よし、勇気ある者の盾があるから・・・ふふ、エルドラの炎は前方半径30メートルに広がるんだぞ。

アダマス:GM、俺と軍馬は後ろに回りこんでるぞ。飛行のマントで移動力50だからな。

GM:は・・・しまったあああああああああああああああああっ。

   勇気ある者盾があるから後ろを振り向いてブレスしちゃう!うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!

アダマス:まず軍馬たちは抵抗できない。俺は(ころころ)やっぱり失敗。ダメージこい。

GM:時間あるから軍馬も一匹ずつ処理しよう。(ころ×12)軍馬全滅、五頭目はクリティカルでケシズミ化。アダマスには19点のダメージ。

アダマス:くくくくく・・・・クヒャーッハッハハハハハハハー!

     防御レーティング45!(ころころ)・・・・・・・。

マーテル:ど、どうしたんですかっ!

エフェクトス:てめーもしかして・・・・・。

アクシス:1ゾロ振っちまったのかーーーーーーーーーーーー!

アダマス:こくり。てへ。16点受けた。

マーテル:・・・・《キュアー・ウーンズ》を使います。三点回復。

エフェクトス:何なんだよGM!作戦とぜんぜん違うじゃねえか!あ、《チャーム》を達成値+2で三倍がけ。(ころころ)18.

GM:無理だ。かかんない。

アクシス:きーっ、GM前の考察で魔法については何も考えてなかったろ!GM,洞窟の中だから《メテオ・ストライク》使えないよな?

GM:そういや空が見えてないと使えないな、あれ。いいよ、天井が防弾ガラスでできている!・・・でもその状態で使うと隕石がガラスを割って全員に鋭い破片が降りかかるんだろうなあ。やっぱ駄目。

アクシス:じゃあ、みんなエルドラから離れろ。《デス・クラウド》使う(ころころ)15。まあどうせ精神力消費しないし。

クリティカル:あっという間に俺の番か・・・。強打(ころころ)20。

GM:当たった。とりあえずお前のダイス運がいいなら何とかなるな。

クリティカル:今度もクリティカル回してやる。(ころころ)あああ、16点。

GM:弾いた。もう終わりかな。

アダマス:素手攻撃で強打。(ころころ)はずれ。

GM:アダマスにブレス。とっとと焼き払う。

アダマス:(ころころ)失敗。もう一ゾロは振らない。

GM:(ころころ)24ダメージ。

アダマス:げ、死んだ。防御力45ってクリティカルしないしあんまし強くねーな。生死判定には成功したけど気絶する前に悪魔召還の壺使っていい?

GM:どうぞ。

アダマス:(ころころ)ダブラブルグ召還!軍馬の盾を持たせる。みんな、すまん!ゴフッ。

クリティカル:死んだ―――!

マーテル:《キュアー・ウーンズ》11倍がけで使います!

GM:うそっ。あ、お前ら22点魔昌石半無限に持っているんだっけ。

マーテル:(ころころ)5点回復。

アダマス:すみませーん。まだ生きてました。

エフェクトス:《バインディング》・・って植木じゃあ小さすぎか、やっぱり《ホールド》使う。(ころころ)あ、1ゾロ。

アクシス:お前ら使えねー!《デス・クラウド》(ころころ)どうだ!8!

GM:普通に失敗しているぞ・・・・。

クリティカル:今度こそ強打!(ころころ)外れた。

アダマス:もう俺は何もしない。ダブラブルグの後ろに隠れる。うそ、一緒に焼かれると困るから離れてる。

GM:じゃあシールドを焼いて悪魔を暴れさせよう。ブレス。

アダマス:(ころころ)失敗。HP:-9 生死判定失敗。あは。

一同:「あは」じゃねー!

GM:悪魔が敵になった!

アクシス:仕方ない!みんな!悪魔召還だ!

エフェクトス:(ころころ)マリグドライ召還!

マーテル:(ころころ)アザービースト召還!

アクシス:(ころころ)ダブラブルグ召還!

クリティカル:(ころころ)ラグナカング召還!よし、デーモン全員に勇気ある者の盾を持たせる!そしてシールドたちのほうに行かせる!

クリティカル:今度こそ!「強打」!(ころころ)あ、出目3。

エフェクトス:マリグドライで暴走したダブラブルグを攻撃!

クリティカル:ラグナカングで《ポイズン》!(ころころ)あ、抵抗された。

GM:ダブラブルグは死んだね。エルドラはマリグドライを攻撃する。23点ダメージ。

エフェクトス:お、耐えた。マリグドライまだ生きてる。

マーテル:もう一度エルドラに《ウィーク・ポイント》3倍がけ。(ころころ)あ、失敗。

アクシス:エルドラに《デス・クラウド》(ころころ)失敗。

エフェクトス:《ホールド》(ころころ)失敗。

クリティカル:強打(ころころ)はず・・・・当たり!

           クリティカル振るぞー!(ころころ)お?(ころころ)・・・おお(ころころ)うおおお(以後これが16回続く)あ、出目5か・・・・・トータルで75ダメージ。

一同:キタ―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――――――――――――――――――――――――

GM:・・・さすがに死んだぞ、エルダー・ドラゴン。

一同:終わったー!

マーテル:いやークリティカルさん大活躍でしたね。

エフェクトス:俺たちの魔法はぜんぜん効かなかったけどなー。

アクシス:やっぱりグラスランナーは最強ってことだな!ま、俺の《フル・ポテンシャル》のおかげもあるけどな。

クリティカル:でもさあ、クリティカルが一回のシナリオで10回以上連続で出ることなんてそうそうないし単に運が良かったんじゃね?

幽霊アダマス:お前ら、誰の犠牲のおかげで無傷でいられたと思ってるんだ。

マーテル:そういやシールドさん死んじゃったんですね。

幽霊アダマス:口調にすごい諦観が出てるぞ。

アクシス:まあエルドラ退治したんだから神殿で蘇生してもらえるだろ。

エフェクトス:その場合このデーモンたちはどうするんだ?

一同:あ・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 以上でリプレイはおしまいです。リプレイと呼ぶのもためらわれるような内容でしたね。

 今回の実験で、以下の事がわかりました。

   クリティカルの言うように、今回勝てたのは運のおかげ。

   魔法の事を考慮してなかった100D100はバカ。

   「勇気ある者の盾」作戦はけっこう役に立つ。

   どんなにクリティカル値を下げても、そう簡単に10回以上連続クリティカルが出るわけではない。

   結局100D100の考えたプランではエルドラを倒すことはまずできない。

   よってこの原稿をキャラ作・戦闘プランの参考に絶対にしないように。

こんなところでしょうか。まあ、エルダー・ドラゴンを倒すには素直に経験点ためた方がよさそうです。

 最後に、こんな駄文の権化を読んでいただいてありがとうございました。しかし脳内とはいえリプレイって大変ですね。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。