本展「幻想空間」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 TRPG研では、毎年文化祭に置いて展示を出展しています。
 (書かれた日時:2008年03月30日)

・目的
 TRPGというものを内外に伝えると共に、校内生に体験させることによっ
てその面白さを実感してもらい、部の宣伝をする。
 また、TRPGを他人に教えるということそのものが、TRPGを研究する上での結論となっている。


・概要
TRPGというものをやや簡単に説明した紙展の作成
・客に楽しんでもらうためのTRPG研特製簡易ルール作成
・サンプルとして展示するルールブック及びダイスを決める
・内装:壁にダンボールのレンガを貼る、セロファンでステンドグラス等
・詳しくTRPGについて解説し、リプレイや特製ルールも掲載した
 文化祭専用の部誌作成。


 仕切りベニヤや壁に紙展を張り、説明員を付けてTRPGというものを解説する。また、市販のルールブックやサイコロを飾ることで、より具体性を伴った説明が出来る(はず)。

 また、お客用の卓をたて、実際にTRPGを体感してもらうという試みを行なっている。客がとっつきやすいよう、ほとんど全ての工程を40分程度(!)で終わらせなければならず、毎年、テーマに沿った自作の簡易ルールを使用している。

 この簡易ルールは、出口付近で販売している部誌にも載っていて、来校者は家に帰っても楽しめるようになっている(はず…)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。