ゲヘナ~アナスタシス~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ゲヘナ~アナスタシス~」
 Written by 崋山

総合評価:4

コメント:戦闘を楽しみたいあなたに。

外見:3
コメント:初版と比べ鮮やかでごちゃごちゃしてる。

システム:4
コメント:連撃システム・闘技チットがアツイ。

自由度:4
コメント:シナリオとレベル次第だが。

初心者向け度:1
コメント:特技を組み合わせる系のFEAR系ゲームの
     欠点をもれなく引き継いだSNEのゲーム。

玄人向け度:5 
コメント:むしろ特技の使い方や職業の持ち味が分かってから
     が本懐のシステムなため。

準備と値段:2

コメント:本体が高い。闘技チットがいる。チャート多い。

     キャラ作長い。

 

ゲヘナ~アナスタシス~
 アラビアンな世界観のTRPG。舞台はなんと、地獄の真っ只中。
邪霊の誘惑による力を手に入れ、享受者となったPCたちが、地上を目指したり、邪霊を狩ったり、死人の魂を獄からつれてきたりするゲームです。

 特徴的なのは以下の点。

・たくさんの職業や種族
 連撃の得意な刀士、暗器を駆使する暗殺士、油を口に含んで火を噴く火吹き、視線で相手を妨害する邪眼術士、抵抗不能の神語を操る神語術士など、個性豊かな職業があります。(もちろん、(ランプの)精霊使いもいます。)
 また、種族も人間のほかに、天使・堕天使や獣人(3種)など充実しています

・多彩な特技
 このシステムではまずクラスの技を経験点で取り、とった技の合計レベルに応じてクラスのレベルが上がります。つまり、成長は特技中心に動くわけです。違うクラスの技を組み合わせて使うことも出来ます。
 例えば、暗殺士で投げたナイフを邪眼術で加速させたり、などです。

・独特の世界観

 普通「独特の」と言ったところで小ネタが増えるだけですが、このゲヘナでは他の世界観と圧倒的に違うことが出来ます。

 ズバリ、『反魂』です。

 地獄と地(砂漠)続きであるため、簡単ではありませんが地獄に生きたまま行くことが出来、死人の魂を持って帰ることが出来ます。それを魔術で作られた人工の義体にでも入れれば、(特別な有料の儀式を行なったあと)蘇生します。

 もっとも、地獄の門番達によって亡者の仲間入りをしなければ、ですけどね。


つまり
 キャラが死んだときに
     新たなシナリオのネタになる!




 ざっと、こんなところでしょうか。

 値段が比較的高く、初見ではやや分かりづらいシステムのため、興味を持った人は会計に頼むのが一番でしょう。少なくとも、個人で持っているとキャラ作に必要な時間も長く、余りやる機会が訪れません。

 あとは、SNEの公式サイトにも紹介があるので、そちらも読んでみると面白いかもしれません。

 2005~6年頃の出版物で、多分本屋にもあまり出回ってません。買うとしても注文でしょうね。崋山。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。