|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

登場勢力


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●ムラカミニュータイプ研究所
 Aシステムと呼ばれるニュータイプをさらに強化する研究を行っている
 コウスケ=ムラカミ博士が所長を務めているティターンズ派の連邦軍施設。

主要人物

  • コウスケ・ムラカミ

●ネオジャパン・ガンダムファイト委員会
 翌年に迫ったネオジャパンの第14回ガンダムファイトのための準備組織。
 委員長はカラトが引き続き勤める。
 DG事件により、優勝が取り消されたため、1参加国としてやり直しをせねばならなくなった。
 チーフメカニックはライゾウ・カッシュ博士。 
 ガンダムファイターは前回に引き続きドモン・カッシュ
 使用予定ガンダムは「マスター・ゴッドガンダム」(GF14-017NJ)

 ガンダムファイト開催を前に、復活しつつあると感じたデビルガンダムを探すために
 行動を起こしている。

 ・ネオジャパン・ガンダムチーム
  ドモンとレインのガンダム2機で構成されている、ガンダムチーム。
  ドモンはマスターGの大破でシャイニングガンダムに搭乗
  レインはライジングガンダムの次世代機でゴッドガンダムのノウハウを用いたライジングゴッドガンダムに搭乗

  メカニックはレイン

●デビルガンダム軍団

 デビルネオジャパンコロニー事件で消滅されたと思われたが・・・。

  • エリック・ビショフ 19歳

デビルガンダムを操っているスワローテイルの元隊長。

●使徒

 使徒(シト、Angel)とは、NERV本部のある第三新東京市に襲来する、謎の生命体の呼称である。

 ・???


●連邦軍独立部隊「ロンド=ベル」

 インスペクター戦争で活躍していたエース部隊だが、突然姿を消し行方不明。

●流派・東方不敗

 ・東方不敗(リュウナ=カンザキ)

  第2次ロボット大戦にて、戦死している東方不敗の遺伝子を元に、DG細胞が作り上げた、
  東方不敗”マスター・アジア”の劣性コピー。
  再構成段階で何らかの影響を受け、親のDGが不在状態なのもあり、少女へと作り変えてしまった。

  見かけ10代前半の少女。人外の戦闘力は健在で、流派東方不敗の技をすべて使用できる。
  搭乗機はマスターガンダム(改) カラーリングは白を基調としたものに変更されている。
  ある程度の”マスター・アジア”の記憶はあるため、ドモンらのことは知っている。

  但し、本人は東方不敗を滅多に名乗らない。DG細胞としての機能は消滅してしまったために
  デビルガンダムの影響は受けない。 自己修復機能のみ残る。(→U細胞)