急病?でイベント中止


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唐沢俊一が急病?でトークセッション中止!


2009年6月18日に予定されていた唐沢俊一・岡田斗司夫のトークセッション(於・池袋ジュンク堂書店)が、唐沢の急病を理由に中止となった。
心不全(岡田斗司夫ブログでの報告)、多機能不全、多臓器不全、全臓器不全、など重病と思われる言葉が並ぶ割には、入院直前まで暴飲暴食をしていること、急病にしては入院当日に何度も外出を繰り返していること、重病人にしては入院中も極めて頻繁にmixiにログインしていること、後日公開された「入院日記」で入院日時の記述に不整合があること、入院生活や病状、診断、治療に関する記述がふだんの唐沢日記に比べて曖昧なこと(病名も伏せている)、入院中や退院直後から平然とむちゃな食事をしていることなど、不審な点が多い。
トークセッションには検証Blog氏が参加すると事前に告知していた。パクリやガセ雑学について検証Blog氏から直接追及されるのを避けるために、唐沢はイベントを中止せざるをえない日程を選んで入院した(病気を理由に逃げた)のではないか、とも言われている。


6月18日(木)19時~
中止になりました。
 唐沢 俊一(作家・評論家)  進行:大内 明日香(編集者・出版評論家)
「オタクは大人になってからがおもしろい」

「オタクは大人になってからがおもしろい」
唐沢 俊一(作家・評論家)  進行:大内 明日香(編集者・出版評論家)

■2009年6月18日(木)19:00~
唐沢俊一先生の体調不良のため、トークセッションが中止となりました。
お申込いただきました方には、ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承下さい。

『オタク論2!』刊行記念トークセッション。もはやオタクは大人のたしなみ!?
オタク第一世代ともいうべきお方。今やテレビなどで大活躍中です!
今回は幅広い分野に造詣が深い唐沢氏が、“大人の立場”から、さまざまな「論」を発信。

◆講師紹介◆
唐沢 俊一(からさわ しゅんいち)
1958年北海道生まれ。作家・評論家。『トンデモ本』シリーズを生んだ「と学会」中心メンバー。古本、映画、薬、落語など幅広い分野の評論活動を展開。B級カルト物件の発掘をライフワークにしている。最近では日本テレビ「世界一受けたい授業」講師、ラジオ・パーソナリティ、舞台俳優などでも活躍。著作に『トンデモ一行知識の世界』(ちくま文庫)、『社会派くんがゆく!』(共著・アスペクト)などがある。
(赤字は原文ママ)
http://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk.html


トークセッションは中止になりました。
えーと、先程ジュンク堂書店から連絡がありまして、6月18日のトークセッションは唐沢俊一が急病のため中止になったそうです。
公式サイトでも報告されてます。それにともなってサイン会も中止とのこと。
まあ、質問できなくなったのは残念だが、病気とあればしかたがない。またの機会を待つことにしよう。
唐沢俊一氏の一日も早い回復をお祈りします。


998 名前: 無名草子さん 投稿日: 2009/06/12(金) 15:20:20
おれんちにもジュンク堂の担当・ウエダさんから電話あって、延期じゃなくて中止だってさ



参照(外部リンク)



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。