産経新聞の盗作報道


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

盗作報道@産経新聞

「トリビア」生みの親・唐沢俊一さんが“盗作”

06/06 17:44
 「トリビア」ブームの生みの親としても知られる作家、唐沢俊一さん(49)が先月発売した著書『新・UFO入門』(幻冬舎新書)の一部に、ブログ「漫棚通信」の文章と酷似した記述が掲載されていることが6日、わかった。

 “盗作”を指摘したのは、同ブログの運営者。『新・UFO入門』を読んでいて、自身が一昨年11月にブログに書いた内容とよく似ていることに気づいた。これを受け、同ブログ4日付の書き込みで、ほかのUFO関連文献の要約の言い回しや引用箇所について、6カ所を挙げて類似性が見られると主張。唐沢さんと出版元の幻冬舎に対し、抗議のメールを送付した。

 唐沢さんはいち早く同ブログの運営者にメールで謝罪するとともに、自身の公式サイト上でも報告。記述の類似について「大いに参考にさせていただいたことは事実」と認めた上で、「『漫棚通信』の記述より多くのものを得ているということを明示していなかった」として同サイトで謝罪した。“盗作”との見方については「悪意または盗用という意はまったくありません」と否定した。今後増刷分の当該記述の扱いについては、現在運営者と協議中という。

 唐沢さんは、いわゆる「トンデモ本」と呼ばれる、荒唐無稽な学説などを唱える書籍を品評する会「と学会」のメンバーで、サブカルチャーやオタク文化などをテーマに執筆活動を展開。今年4月からは、朝日新聞書評委員を担当している。(イザ!編集部)
「トリビア」生みの親・唐沢俊一さんが“盗作”-本・アートのニュース:イザ!



今日: -
昨日: -

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。