えびねっと Wiki 注意ポイント

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レッドビーシュリンプは、ショックに非常に弱いです。
ショックとは、どんな場合におきるでしょうか。

■水あわせ
 水質、水温の違いによりレッドビーシュリンプは大きなダメージをうけます。
 点滴方式で、数時間かけて、水あわせをおこないます。
 1度、ダメージをうけた個体は基本的には回復は望めません。そのため、水あわせは慎重に、
 行う必要があります。

■温度
 20-28℃ぐらいまでで飼育できます。夏、30℃を超えると★になりますので注意が必要
 となります。
 抱卵を促すために、温度の上下をつけて変化をおこしたり、抱卵後、早めに稚えびをみたい場
 合は、少し高めに設定される場合があります。
 最終的には温度の積算により孵化の時期がきまります。

■水質
 PHは、5台から7台までで飼育されている人がいます。
 一般的には、6-7台で飼育されている人がおおいです。水質の調整は非常に難しく
 地域や飼育環境(底砂、岩など)によっても大きくかわってきます。

名前:
コメント: