※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


◎サクセスブロッケン
○レインボーペガサス
▲ベンチャーナイン

サクセスブロッケンは初芝がダービーというのは常識的に考えてもキツイとは思うが、
調教師リーディング藤原英昭が馬主に頭を下げて、追加登録料200万を払って、
勝てる確率の高いユニコーンSを蹴ってまでの参戦、この勝負気配から軸にした。
サクセスブロッケンが勝った黒竹賞は前日の初凪賞よりも0秒2速かったらしい。(東スポの土曜の記事)
1月の時点で1000万クラスよりタイムが良かった。
2月のヒヤシンスSも前日の準OP白嶺Sよりも1秒2も速い。
端午Sも最後まで追えばアンタレスSに匹敵するタイムを出していたかもしれないとのこと。
同じダートからの臨戦でゴールドアリュールは本番5着に終わったが、サクセスブロッケンは勝てるかもしれない。

そして今回の予想は妄想半分だ。
初芝のサクセスブロッケンが、異次元の逃げを打つと仮定。
一発屋のヨコテンならやらかしてくれる、として。
仮定の仮定だが、サクセスブロッケンが作るオーバーペースで前に行く馬は全滅。
後方待機組のレインボーペガサスとベンチャーナインがバテた全馬をゴボウ抜きしてゴール。

ディープスカイは最後まで迷ったが、買わないことにした。
NHKマイルからの臨戦がどうも気に食わない。
2000mは1戦しか使ってないし、このときは未勝利でロバ相手に9着の惨敗。
2400mでマイルでの走りが再現できるか、まったくアテにならん。

レインボーペガサスは前にも書いたが、皐月賞アガリ最速。
あと1Fあれば勝っていたかもしれない。
アンカツはこの馬7戦目。もう手の内とみて紐。

ベンチャーナインはプリンシパルSからの臨戦。
左回りのが良さそうなので、前走の走りを期待。
京成杯はマイネルチャールズと差のない競馬をしている。
(同タイム2着)

◎単勝 16000円
◎→○馬単・馬連 1000円・2000円
◎→○→▲3連複・3連単 各500円

計2万で、どないや!
ズバリ3着までやったら350万!しかも全部アタリになるで!