|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本当にありがとうございました


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
それは毛利と元親だ。
毛利はおびえる元親をひしと抱きかかえている。

毛利「元親よ、なぜ顔を隠すのだ」
元親「毛利、お前にはまつが見えないのか。バンダナをかぶって、緑色の衣を着ている・・・」
毛利「あれはどうみてもしゃもじだ・・・」
まつ「本当にありがとうございました。」

元親「毛利、毛利!聞こえないのか?まつが俺になにか言うぞ!」
毛利「落ち着け、どうみてもしゃもじだ。」
まつ「本当にありがとうございました。」

元親「毛利、毛利!見えないのか?あの暗いところにまつの夫が!」
毛利「見える。だが、あれはどうみてもしゃもじだ。」
まつ「本当にありがとうございました。」

元親「毛利、毛利!まつが俺をつかまえる!まつが俺を酷い目にあわせる!ヽ(゚∀▼)/」
毛利はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ元親を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・

腕に抱えられた元親は、どうみてもしゃもじでした。
本当にありがとうございました。