|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

献立


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐助「ねねね、前田の奥さん。俺に料理教えてくんない?」
まつ「まぁ、武田の忍ではござりませぬか。

   料理ならいつでも教えてさし上げます(^ω^)」
佐助「うほっ!いいねぇ!俺様大感激!
   俺ってば作れる料理のレパートリー少ないから

   毎日の献立考えるの大変なんだよね。
   大将達は食にうるさいし…、奥さんはいつもどう考えるわけ?」
まつ「まつめはしゃもじを握りますればその日の献立が思いつきまする。
   今からご覧にいれましょう!犬千代様ぁ!どこにいらっしゃいまするか?」
佐助「え?なんで前田の大将呼ぶわけ?しゃもじあればいいんじゃないの?」
利家「呼んだかまつ?あ、武田の忍だ!空飛べていいな!某も飛びたい!」
佐助「はぁ…(何だこの大将、頭悪そうな所真田の旦那にそっくり)」
まつ「さぁ犬千代様、今日もご一緒に献立を考えましょう!どうぞ四つん這いに…」
利家「うむ!」
(^ω^)つ-(,,・∀・)
利家「あ、まつぅ!アッアッ!アッー!アッー!」
佐助「え ちょ!何やってんの!」
まつ「献立を考えてまする。しかし今日は思いつきませぬ…。
   武田の忍もこちらに四つん這いにおなりなさいませ!一緒に考えましょう!」
佐助「や、やだよそんなの!逃げるに限るね!」
バッ(佐助、窓から逃亡をはかる)
まつ「なりませぬ!掘れ、太郎丸!」
(-゚Д゚-;)-∈゚゚ミ
佐助「嘘だろぉぉぉアッー!」
まつ「はっ!思いつきました!本日のご飯は鶏釜飯とナス田楽にござりまする!」
利家「アッまつぅ…ッ!某ナスは苦手ぇアッアッ!」
まつ「ご心配なく、まつめが美味しく料理してあげまする(はぁと」
利家「まつぅ…(はぁと」
佐助「アッー!」