重広和司


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1988夏県大会


好機に強みを見せ、長打力も秘める。事実上の決勝戦といわれた西条農戦では価値ある先制2点本塁打を放つなど、試合を決めるヤマ場できっちりと打っている。ただ守備面では、重広、山本淳の三遊間コンビに失策が目立った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。