笹垣直哉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1988夏県大会


エース笹垣は春の近畿大会府予選では一度も投げず、夏に照準を合わせ、ひたすら走りこんだ。右下手からのカーブ、シュートの切れのよさに加え、速球に伸びが増してきた。「ピンチの時に自分の最高の球が投げられる」。好調ぶりをそんな言葉で表現する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。