篠田淳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1988夏県大会


1回戦の可児工戦でいきなり6連続三振を含む12奪三振。決め球は落差の大きいカーブ。右打者の内角に差し込むスライダーや速球にも威力がある。6試合を1人で投げきった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。