竹内昌也


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1988夏県大会


がっちりした体つきで、右腕から伸びのある速球を投げ込む。春先のヒジの故障を克服し、秋田大会直前にエースナンバーを奪い返した。2年生ながら気迫は十分。決勝では能代商の強力打線を相手に「投球の9割を速球」で押し切った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。