※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ランキングによるソートを標準とすること
    • ランキングの計算式は以下のとおり
      • 貸出回数×出版年<西暦×0.001>×FT(フルタイトルに一致した場合10)×館内独自係数(所属教員著書、指定図書等に独自係数を入力する)
      • 利用者からの投票を組み込んでもいいかも。
      • いずれにせよ、ランキングの計算式は時間をかけてチューニングする必要がある。
そのこころは?
Googleなみに検索窓を一つにするには、検索結果になんらかのランクをつける必要がある。普通の検索エンジンでは被リンク数が主な指標になるが、その代わり。
選択肢 投票
ばかうけ (0)
ややうけ (2)
どっちらけ (0)

  • 検索結果集合に対して、以下の再ソートが可能なこと
    • タイトル名順(第2ソートキー:出版年順(昇順))
    • 出版年順

  • EndNote対応
  • OpenURL対応

  • 検索結果のRSS出力
    • OpenSearch
    • 簡易なSDIになる