大乱闘スマッシュブラザーズX まとめwiki サムス・アラン/ゼロスーツサムス



+ 一覧



コレクション
シール
│├こうげき
│└ぼうぎょ 他
フィギュア
ステージ作り
クリアゲッター
名作トライアル
└ゲーム年表


■通信機能
Wi-Fi
Wi-Fi対戦用IRC







■カウンター
今日 -
昨日 -
現在の回覧者 -
総数 -

■最新の15件
取得中です。





ゼロスーツサムス

キャラ概要(ゼロスーツ)

解説(ゼロスーツ)

サムスの生身の姿。スマブラでのデザインはメトロイドゼロミッションで初登場。
原作には『ゼロスーツ』という単語はなく、英語で何もないことを意味する"zero"をつけて『パワードスーツのないサムス』を意味していると思われる。
パワードスーツとの一体化は精神的に疲労するので、必要でない時やスターシップの中にいる時は主にこの姿でいる。
外見は、水色を基調とした全身タイツで、いわゆる「通常のサムス」とは違って、ひとめで性別がわかる女らしい格好。
スーツ装備時のサムスと違い、こちらは声を出す。

以前のシリーズでは髪をほどいていたり、ビキニだったりとさまざまな容姿だったが
ゼロミッション以降は基本的に同作における青いタイトなスーツに前髪を寝かせたポニーテールという姿で登場しており
スマブラでも同じデザインが採用されている。
また、シリーズによってサムスの顔だちは大きく変わっており、作品が違えば別人のような顔になっている。
例えばプライムシリーズではリアルな顔立ちだが、フュージョンではアニメ風のタッチで描かれている。
なお、スーツの左胸には鳥人族の紋章が刻まれている。

武器のパラライザーは原作ではハンドガンという名称で、プラズマウィップの機能も原作には存在しない大乱闘オリジナルである。
原作ではザコ敵一匹すら倒すことができない弱い武器で、敵を麻痺させることしかできないため、
サムスはスーツ入手まで戦えず逃げることしかできなかった。
重いスーツを脱ぎ捨てた方が身軽になるというのはスマブラだけの設定。(むしろスピードブースターやスペースジャンプ能力があるためスーツの方が身軽)
敵から受けるダメージが10倍以上になるなど、原作では完全に弱体化した状態である。

この全身タイツ姿でスマブラXに登場し有名になったが、
原作では一定の条件を満たしてクリアすることで初めて見られるご褒美的存在のため
生身の姿で登場することに抵抗を感じるファンも少なくない。

ファイター性能(ゼロスーツ)

長所と短所(ゼロスーツ)

長所
  • 運動能力が高く、スピードやジャンプ力に優れる。
  • ハンドガンを使った攻撃はリーチが長かったり、敵を麻痺させる効果を持つ。
  • パワードスーツ装着時同様ワイヤー復帰ができ、投げの効果範囲も広い。
短所
  • 軽くなっている分、吹っ飛ばされやすい。
  • 復帰の要がワイヤーなので、崖に待ち伏せしている敵がいると復帰しづらい。
  • 1段目のジャンプ力が高すぎるため小ジャンプから切り込むということが出来ない

特徴(ゼロスーツ)

パワードスーツを装着した状態とは打って変わって、軽量のスピードタイプとなっている。
走るスピードはもちろん、ジャンプ力もかなり高い。復帰ができる必殺ワザも多いため、すばらしい復帰力も秘めている。
しかし、ワイヤー技による復帰を阻止されるとそのまま落ちてしまいがちな上、体重が軽い為バーストしやすいので立ち回りは堅実に。
主にパラライザーによる射撃・プラズマウィップ攻撃、体術を駆使し闘いに臨む。ムチ攻撃は、近接武器としてはリーチが非常に長く、相手のリーチの外から容易に攻撃を当てることができる。スキも少なく、中々優秀であるといえよう。
全体的に出が早く当てやすい攻撃が揃う反面、ふっとばしやダメージは全体的に弱く、フィニッシュに苦労する場面も多い。
y軸空気抵抗が強いので、空中戦ならスーツを着てるほうが得意かもしれない。

ゼロスーツサムスを使用する方法は3つ。
  1. 最後の切札を使う
  2. キャラクター選択時~ステージ選択画面移行時、戦闘で使うシールドボタンを押しながら決定キー(STARTボタン)を押す。
    成功すると、ステージ選択画面の左上の小さいキャラクターアイコンがゼロスーツサムスのものになる。
  3. 戦闘中に上アピール、下アピール、上アピールを素早く連続で押す。
  • また、トーナメントモードやアドベンチャーモードでは、キャラクターセレクト時にCスティックを上下させるとゼロスーツを選択できる。(GCコントローラー時)

特殊技能(ゼロスーツ)

 ジャンプ回数   壁ジャンプ   壁はりつき   しゃがみ歩行   滑空   ワイヤー復帰   その他 
× × 上必殺 横必殺 変身

技(ゼロスーツ)

弱攻撃(ゼロスーツ)

  • レベルチョップ→ガンフック→バックナックル (2%+2%+3%)
    • 発動が早い上にスキも少ない弱攻撃。距離が近いときはこれで。ちなみに、全キャラ中最速の弱攻撃だったりする。

ダッシュ攻撃(ゼロスーツ)

  • ジャンプキック (5~7%)
    • ダッシュしながらジャンプして前方にキックを放つ。ダッシュが早いので当てやすい。
      相手と距離が開いている際の奇襲に便利。当たり判定の持続時間がやや短い点には注意。

強攻撃(ゼロスーツ)

  • 横: スピンキック (6%~9%)
    • 出が早く隙の少ない回し蹴り。ダメージの小さい相手を一定確率で転ばせることができる。
      上下に打ち分けることができ、下向きに打つとダメージとふっとばし力が上がる。
  • 上: ヘッドスタンドキック (5%+6%)
    • 倒立回転しながら周囲を脚払い。前後へのリーチが長く、相手との距離があっても空中に打ち上げられるので、混戦時や連携の起点に最適。
  • 下: グラウンドスイープ (6%)
    • しゃがみながらの足払い。リーチは長めで、低めのダメージから相手が浮くのでやはり連携の起点に。

スマッシュ攻撃(ゼロスーツ)

  • 横: スマッシュウィップ
    • ムチを振って前方の敵をなぎ払う。攻撃を当てる位置によって性能が異なる。
      攻撃範囲は非常に広いが、隙が大きめでダメージやふっとばしも強くないので乱用は避けたい。
    • 先端(6%):ふっとばし力は弱く、溜めの影響を受けない。サドンデス以外でKOを狙うのは難しい。
    • 中間(11%):通常状態では最も強く、弱めの横スマッシュ程度のふっ飛ばし力がある。溜めた場合も威力は変わらない。
    • 根元(10~14%):通常状態でのふっとばし力はかなり物足りない。
      最大まで溜めた状態では平均的な横スマッシュ(ホールドなし)程度のふっ飛ばし力がある。
    • 後方(6%):相手を上に跳ね上げる。ふっ飛ばしは弱く、やはり溜めの影響を受けない。サドンデスではKOが狙える。
  • 上: ショッカーストリング
    • 真上方向に向かってらせん状にムチを振る。多段ヒットし、終了間際のムチ先端部分に若干ふっとばし効果あり。モーションが長く隙が大きいので周囲の状況に気をつけて使おう。
    • 上Bのプラズマワイヤーと違って敵を引きつけない。
  • 下: スラントパラライザー (11~15%)
    • 足もとにパラライザーを発射して相手を若干硬直させる。硬直した相手への攻撃はふっとばし力が低下する。
      前方にしか攻撃できないがリーチは長め、ゼロスーツサムスの攻撃の中ではダメージも大きめで出も遅くない。
      --一発与えた後すぐに入力すれば、2回目の強攻撃が間に合う。ダメージを稼いだり連携の起点にしたり工夫しよう。

空中攻撃(ゼロスーツ)

  • 通常: ウィップガード (10%)
    • 周囲をムチでなぎ払う。前方斜め下と後方斜め上に判定が出る。
  • 前: トワイスキック (6%+11%)
    • 前方に二連回し蹴り。2発目に強めのふっとばし力がある。
  • 後: ソバット (13%)
    • 同名のサムスの技とほとんど同じもの。やはり高いふっとばし力を持つのでフィニッシュに。
  • 上: エアキック (10% 後方7%)
    • 空中で回転し、上方向にサマーソルトキックを繰り出す。攻撃範囲は上方向180°とかなり広い。ふっとばし力もそこそこあるので上空の相手を押し出してKOを狙おう。
  • 下: スラッシュダイブ (4% 着地5%)
    • 浅い角度を付けつつ、急降下キックを繰り出す。降下中の足先には下方向、その他は斜め上方向へのふっとばし力が発生する。
      自力で下降をキャンセルできないので、状況に注意。

つかみ(ゼロスーツ)

  • つかみ: つかみ
    • パラライザーからプラズマウィップを発射し、相手を引き寄せてつかむ。
      ウィップを使用するため当たり判定は広いが、パワードスーツサムスと違って通常・ダッシュ時ともに大きな隙が発生する。また空中で使うことはできない。
  • つかみ攻撃: つかみニーバット (2%)
  • 前投げ: スタンガン (9%)
  • 後投げ: キックスルー (6%)
  • 上投げ: ホールドサマーソルトキック (10%)
  • 下投げ: ニースタンプ (7%)

必殺ワザ(ゼロスーツ)

  • 通常: パラライザー (4~6%)
    • パラライザーを発射して相手を痺れさせる。溜めが可能で、溜めた分だけ威力と相手を行動不能にする時間が増える。
  • 横: プラズマウィップ (3~19%)
    • 短く蛇行するムチで攻撃。先端部分に強いふっとばし力がある。
      密着して当てても多段ヒットして相手を先端部へと誘導するので、距離はそれほど気にしなくてよい。
      判定発生が遅く、隙ができるのでよく狙って。
    • ワイヤー復帰が可能。
  • 上: プラズマワイヤー
    • 上方にムチを伸ばして攻撃。先端部分には相手を自分の近くに引き寄せる効果があるので、上方にいる相手の追撃に有効。
      ワイヤー復帰も可能。崖掴み判定はムチの見た目より大幅に広いので非常に頼りになる。
  • 下: フリップジャンプ
    • 前方身伸宙返り捻り。左右のキーも同時に入力する事で進行方向を変える事も可能。
      発動から別のボタンが入力可能状態になるまで無敵になり、かつ特殊な軌道と体勢から攻撃が当たりにくい。勘違いしやすいが技を出さなければ無敵というわけではないので注意。
      攻撃ボタンを押すとキックが出せるが着地時に隙が少しできる。同じく左右で蹴る方向の変更ができる(基本は後方)
    • キックはゼロスーツサムスの技の中でも1、2を争うほどのふっ飛ばし力を持つ。上から被せ当てればメテオの様になる。
    • 発生直後が一番威力が高いが、出終わりを当ててもそれほどふっ飛ばし力は落ちない。
    • 発動中に壁に触れると自動で壁キックする。その後壁キックの要領で持続可能(4回まで)。
      通常の壁キックと異なりフリップジャンプの軌道で移動ができる上、無敵状態も維持されるためかなり頼りになる。
    • 空中でも使用できるので、プラズマワイヤーなどと組み合わせれば破格の復帰力を叩きだす。復帰時はキックにより、撃墜を狙ってきた相手をたたき落とすことも可能。上記にもあるが、キックにはメテオ同様の効果がある。

最後の切り札(ゼロスーツ)

  • パワードスーツ装着
    • エネルギーを集めてパワードスーツを再装着し、サムスに戻る。
      ゼロスーツサムスの周りに引き寄せながら連続ヒットする当たり判定(0%)が発生し、最後はサムスの体に強めのふっとばし判定(25%)が発生する。
      パワードスーツを装着し、行動可能になる前にスーツに走る電流にもダメージ判定(10%)がある。こちらはほとんど吹っ飛ばない。
    • スーパーメトロイドに『クリスタルフラッシュ』という、よく似た技が存在する。

演出(ゼロスーツ)

アピール(ゼロスーツ)

  • アピール上(①):銃を上空に投げつつ1ターンした後、後ろ手でキャッチし「Is that all?」(これだけなの?)
  • アピール横(①+②):プラズマウィップを振るって「Try me.」(かかってきなさい)
  • アピール下(②):プラズマウィップを作動させ、片足でくるくると4ターンして「You're mine.」(あなたは私のもの)

声優(ゼロスーツ)

  • Alesia Glidewell
    • 『スターフォックス アサルト』北米版ではクリスタルの声を担当している。

画面内登場(登場シーン)(ゼロスーツ)

  • かがんだ状態で、パワードスーツが外れながら登場。外れた装甲はその場に残り、そのまま投擲アイテムとなる。

勝利ポーズ(ゼロスーツ)

  • BGM:アイテム発見時のBGM
    • バック転を繰り返し、パラライザーを上に向ける。
    • 片足を開いて回し、その足を曲げた状態でポーズを決める。
    • プラズマウィップを振り、何か喋る。

敗北ポーズ(ゼロスーツ)

  • 拍手

色の種類(ゼロスーツ)

  • ノーマル:水色のスーツ
  • 白紫:青サムスで切り札使用後
  • 青:水色サムスで切り札使用後
  • 黄緑:緑サムスで切り札使用後
  • ピンク(レッドチームカラー)
  • 黒:黒サムスで切り札使用後

百人組み手攻略

サムスの場合、↑スマは後方に隙があるので無闇に使わず、
端に誘ったりして要領よく使う。
地上からのスクリューアタックでよく吹っ飛ばせるが、使用後の大きな隙に注意。
ゼロスーツサムスなら↓強が便利。脱ぐと吹っ飛ばされやすいので隙の無い様に。

リンク