カミーユ・ヒューマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink

 滅亡したカルクスの原住民。リューヴの居住地とカメリア移民団(ソフィア人)がある。

 さほど体格は良くないが、細く伸びたしなやかな筋肉が強力な腕力を生み出す。運動神経に優れ、古来から戦闘種族と名高かった。誇り高く、自尊心に満ち、仲間意識が強い。最も強靭な人類種。

 青い民と呼ばれるように、色素はブルーで濃い。茶の髪と茶の瞳は王族の子孫とされる。

  • 分布: リューヴ、ソフィア・ビュザンティオン
  • 平均寿命: 約70歳
  • 分類: 人類種


特徴

 青と赤の色を好む。青は種、赤は戦闘の血。高い闘争本能と、それに見合った戦闘能力。それから複雑な仲間意識と対リューヴ感情がある。

 彼らはカルクス星の原住民で、サピリオに母星を破壊されてリューヴに居留地を作られて住んでいる。人類種の中では最も立場が低く、被差別種だとされている。誇り高いカルクス人にとっては耐え難い屈辱で、今なお独立を望むのはそのためである。

 リューヴ=レイスに対しては、同じ亡国の遺児であり信仰心もあることから、他の種族と変わらず崇めている。サピリオ=レイスは嫌っているが表に出さず屈辱に耐えている。

 礼儀を重んじて屈辱を嫌う騎士道精神の持ち主。敵対してもそれは変わらない。いつか独立することを夢見て、差別に耐え続けている種族である。

 美人が多い。酔っ払ったニューレイス・ヒューマンが女性を襲い、返り討ちにあう事件が年に何度か起きる。女子供でもとても強いので要注意なのだが、やはり差別意識が根底にあるのか、こういう事件は無くならない。


人物

  • アディーラ・ヴェルレーヌ
  • カミラ・フレーニ
  • カティア・フレーニ
  • フェリーチェ・パヴァロッティ
  • カレン・”カヴァリエーレ”・アプレア
  • スルード・アウルゲルミルソン
  • ティア・ヴァーグネル(テュール・ベルゲルミルソン)
  • ヴィヴィアーナ・パッティ(カミーユ系二世、ハーフ)
  • オルフェオ・フォーレ(カミーユ系二世、ハーフ)