アルフェラツ・ヒューマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink

 最も貧弱な人類種。アルフェラツ星人。ティールにも少し生息している。

 リューヴ圏の惑星であるため、開発も比較的早かった。リューヴ、サピリオに比べ寒冷で、食文化のせいか体があまり大きくない。科学技術が進化してからは完全に肉体が退化し始め、空気汚染など環境の変化に弱くなっている。

 街をドームで包み、空気清浄機が必須な種族である。彼らの前でタバコを吸うとマジギレされる。


  • 分布: アルフェラツ星系、リューヴ
  • 平均寿命: 約85歳
  • 分類: 人類種


特徴

 凹凸の少ない顔立ちに白い肌を持ち、さっぱりした印象がある。美男美女が多いとされるが、貧相な体をしている者が多いため、俳優などには向いていない。

 世界中でアンケートをとれば、まず間違いなくアルフェラツ人の印象は「頭が良さそう」になる。博士などを数多く輩出する世界の頭脳で、アルフェラツ星都リュケイオンはまさに叡智の結集している街である。

 戦場では全く役に立たない。


人物

  • ルクレティア・ファウスティナ
  • カーティス・E・リッジモンド
  • エウクレイデス・カナリス(リューヴ系二世)
  • ウィプサニア・カナリス(リューヴ系三世)
  • ゴットリー・ツェルニー(アルフェラツ系二世)