ニューレイス・ヒューマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink

 全人口の4割を占める。リューヴ星系に属する生命体の大多数になる。普通「リューヴ星人」というとリューヴ=レイスを指すため、「リューヴ現住民」と表記。

 古代リューヴを占領したサピリオ=レイスと原住リューヴ種の末裔とされ、わずかにリューヴ=レイスの血も混ざっている。そのため、微弱ながら超能力などの特殊な力を持つ者もいる。基本的に原住民の純血以外の人類種のことを指す。

 高い文化圏にあって科学力に秀で、肉体能力は弱体化している。環境変化に弱い。

  • 分布: リューヴを中心に世界各国
  • 平均寿命: 約80歳
  • 分類: 人類種


特徴

 実に様々。交雑種らしく、サピリオ系なら色素が薄く毛髪が茶色になりやすい。カミーユ系なら青い目になりやすい、など本当に様々である。まだそれほど交雑していない者であれば、何系か見た目で判断することも可能。

 人類種間の交雑種のことを指す言葉だが、亜人類種では交雑が起こらない。遺伝子が異なるため、配合出来ないためである。「フルジア系ニューレイス」などというのは存在しない。それを可能にしたのがディファイアンス(生物工学研究所)であり、高額な費用を支払い、人種の壁を越えて赤子を求める者たちの願いを叶えた。

 アンジェリーナ・ドスト・デニズ・メーリング(フルジア系カミーユ・ヒューマン。ヴァルター・メーリングの娘、世界初のソフィア人)やヴェロニカ・クリーガー・ソレル(フルジア系ネレイド)と、存在しないはずの配合種も生まれるようになった。

 神種は生命の始祖とも呼ばれており、何故か配合することが可能であると研究結果がある。人類種とも亜人種とも違うため、神種と呼ばれている。その両方との配合が可能である(サディアス=マイケル・レイヴェンスウッド リューヴ系ウルサである)


人物

  • クローディアス・カーライル
  • ジオット・デル・フィオーレ
  • レイフ・ローゼンクランツ(フュンフ)
  • セシル・バルツァー(ゼクス)
  • コンスタンティア・リウィウス(リューヴ系二世)
  • ルキウス・バルカ(リューヴ系三世)
  • カルディア・ベル・シャル・ウツル(サピリオ系)
  • ユージーン=エヴィル・メロダック(アルフェラツ系)
  • マルガリータ・アシャレド・ナツィル・ニラリ(アルフェラツ系)
  • マリユス・ブロスキ(カミーユ系)
  • アイリーン・リアン(地球系)