アデレード・フォーレ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink

プロフィール

  • Exonym(iID Name) :Adelaide FAURE(アデレード・フォーレ)
  • Endnym(Real Name) :Adelaide Aleksandra Gertrude Van Fauré(アデレード・アレクサンドラ・ガートルード・ヴァン・フォーレ)
  • 通称 :アデレード(アデーレ)、サーシャ
  • 生年 :N.G.0300
  • 種族 :リューヴ=レイス(原住リューヴ種)
  • 出身 :Lutetia Parisiorum(ルテティア・パリシオールム)


概要

 フィルウィリミテア教最高司教。美しく気品のある容姿から「聖女」の名で呼ばれる聖職者。プロシア公爵家の生まれで、聖セイクリッド皇国よりソフィア聖侯爵を叙爵された(一代限り)。

 ルテティア・パリシオールムの出身で、代々オリュンペイオン大聖堂を大司教として仕切っていたフォーレ家に生まれる。信仰対象のフィルウィリミテア神の眷属であり、世界でもトップクラスの貴族、お嬢様。

 アデレードは通称。アレクサンドラは直系血族と配偶者が呼ぶ家族名。偽名にルイーズ・ヴァンフォーレがある。高名なオフェリア・ルートヴィヒは双子の兄(姉)。


家系

 父オルフェオ・リア・アディーラ・ヴァン・フォーレ、母ガートルード・コーディリア・リーティア=フォーレの第四子として誕生。(第三子の説もある)

 オフィーリア・アレクサンドラ、オクタウィア・ファイーナは姉。オフェリア・ルートヴィヒとは双子の兄(弟)。エヴォルブ・オフィーリアの四体とオリヴィアは血縁上の弟・妹。レアティーズ・カデンツァを兄と呼び親しんでいる。

 オフェリアと同様、オフィーリア・アレクサンドラのデリヴァランス・クローンだが、オフェリアと違ってそう呼ばれることは少ない。これは「同じ両親」から生まれた「脳にクローン処理をしていない」「女体」が、ごく一般的な娘と変わらないためである(オフェリアは男性体にするため特別な処置を受けたデザイナー・ベイビー)。遺伝子操作を受けているが、オフェリアを含む他のクローンに比べてその操作は皆無に等しい。

 姫宮のノアは叔父。セム、ハムの兄弟とは従兄弟の関係。神皇カイアファは従叔父。



経歴

 3歳の時に母親を亡くし、9歳の時にゲルトラウデ・ネブカドネツァルの指示で送り込まれたリディアーヌ・フォリアに襲撃を受ける。この一件で父、オルフェオが死亡した。

 以後、アデレードはルテティア・パリシオールムに軟禁状態であり、しかし本人に自覚はなかった。ルテティアを訪れる政府高官と謁見し、加護を与える任をこなした。

 オフェリアと比べ、幼少期は知恵遅れが目立ち、発音もおかしかった。ただし、これは純血リューヴ種であることに比べて、という前提がつく。一般の3歳児よりは知能が発達していた。

ルテティア・パリシオールム時代

 兄レアティーズ・カデンツァに従いオリュンペイオン大聖堂の管理、祈祷などを行っていたが、N.G.0318年にデルフィオーレのガブリエル・ハイネに拉致される。生物工学研究所からクローン体が替え玉として送られ、自身はフィンラル刑務所に収監された。

 リゴレット・リエンツィやセリア・イザークら(後のアルゴナウティカ)に救出され、ユーロパ、タイタンと歴訪しながら見識を広め、N.G.0320年、シリウス星を戦域に進行していた第一次反攻作戦の仲裁を行う。

 ルテティア・パリシオールム帰還後は常にレアティーズの監視下にあり、事実上の軟禁生活を送った。N.G.0322年にルイ・シャルパンティエ率いるエリュシオンの襲撃を受け、その隙に従者のアリア・ローゼンミュラーが脱走。しかしアデレードは留まったままだった。

双子再会。ソフィア時代

 N.G.0325年、政略結婚を望むレアティーズに従ってアマデウス・ツェルニーとの結婚を承諾。その婚礼式典の最中に実兄オフェリアの率いるアルゴナウティカに襲撃され、誘拐された。小型艇はワームホールに飲み込まれ墜落、アルカブ星系に漂着する。

 未開惑星にてアデレードは隕石種(鉱物生命体)に感染、寄生されるが適正を見せて克服。以後、クリソベリル体と共生することになる。さらにオフェリアと和解、協力して惑星に降り注ぐガンマ線を除去することに成功した。

 サマンサ・ラマート・アダド・ニラリに逮捕されるが、オフェリアに救出され、そのままソフィア・ビュザンティオンに入った。ユーリヤ女子修道院で生活を送り、リン・フェイやネルガル・シャレゼルといった友人らと出会う。

 N.G.0327年、フェクダ侵攻の指揮をとり、ウィリアム・ライルを殺害。その後、レアティーズとの決戦に臨むオフェリアと共にルテティア・パリシオールムに帰還。歌劇決戦にてレアティーズに重傷を負わせたオフェリアの前に立ちはだかり、殺害を阻止、レアティーズの助太刀をした。

現在

 一般に開放されたルテティア・パリシオールムを管理しながら、オフェリアの看護・介護をした。この間、オフェリアの友人であるリゴレット・リエンツィらや、兄嫁のカティア・フレーニを拒み続けた。オフェリアの容態を気遣ってのことだが、この行為が後年の軋轢の原因となった。

 N.G.0332年にオフェリア・フォーレが逝去。フィラーナ・ノルマの襲撃を受けるが、これを説得してフルジアに行かせる。さらにキノスラ・ウェーベルンと結託してアルカブ星系へと自らを飛ばしたワームホールを調査させる。翌年にはこのワームホールを利用したスターゲイザー作戦を提案、戦争終結を目論んだ。

 終戦の混乱が続き、指導者のいない世界で世を導く者の一人として注目を集めている人物。兄オフェリアに代わってプロシア公国を背負い、新たな世界に答えを出さんとしている。


人格

 幼少時よりわがまま、傲慢、自尊心の強さが目立っていたが、その性格は矯正されることなく成長する。自分が特別である、という誇りもあるため、一般人を蔑視する傾向が強い。差別主義ではないが、自己中心的な発言がたびたび見られる。また、かなりのあまのじゃくであり、素直に罪を認め謝罪することは皆無である。

 これらは地のアデレードであり、表面上は擬態といえるほどの変貌を見せる。かなりの二面性があり、知れば知るほど嫌われるタイプ。

 また、貧乏を極端に嫌い、贅沢しか認めない。独占欲も強い。唯一、長所ととれるのは探究心や好奇心が旺盛なことである。

 オフェリア・ルートヴィヒを兄とは認めず、レアティーズ・スコアと過ごした事実をもって否定している。