Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【白雪姫】

昔々あるところに、冬の最中のことでした。雪は鳥の羽のようにひらひらと天から降っていました。
 一人の女王様が、黒檀の枠のはまった窓のところに座って縫い物をしていました。女王様は縫い物をしながら雪を眺めていましたが、誤って指を針で刺してしまいました。すると、雪の積もった中にポタポタポタと三滴の血が落ちました。真っ白な雪の中で、その真っ赤な色の血が大変綺麗に見えたので、女王様は一人で『どうにかして私は、雪のように体が白くて血のように赤い美しい瞳をもち、この黒檀のように黒い髪をした子が欲しいものだわ』と考えました。
 それから少したって女王様は、一人のお姫様を授かりました。
そのお姫様は、雪のように白い肌と、血潮のような赫い瞳、そして髪の毛は黒檀のように黒く艶がありました。
「この子は珠月という名前にしましょう。」
女王様はその子に珠月と名づけました。

白雪姫・珠月さんは、お母さんとお父さんと一緒にすくすくと元気に育ちました。