Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【Contrare(逆襲)】

「いらっしゃい。ちょうど良かった。ついさっきね、沙鳥がブルーローズのケーキを大量に持って帰ってきたところなんだ。好きなの一個取って良いよ」
「……ありがとうございます」
 遡羅はお礼を言いつつも、藤司朗と視線を合わせる事が出来ない。普段とは違う意味で。
「自分で食べる? あーんってする? 口移しが良い?」
「じ、自分で食べます……」
「残念。はい、どうぞ」
 満面の笑みでケーキを差し出される。
「こ、紅茶で良いかしら……」
「じゃまですよ、マサ。踏みますよ」
「ひ、酷いわ。スズちゃん……」
 扉の奥から紅茶の載った盆をソソソと押し入れる政宗と、それを遠慮なく踏み付けて部屋に入ってくる鈴臣。
「そんなに恥ずかしがらなくても大丈夫だよ、マサ姉。とても可愛いよ」
「そうかしら……」
「照れてる所なんか最高。ギュってしてチューしたいくらい」
「……気色悪い」
「酷いな、スズ……たった一人しか愛せない狭量な君と違って、俺の愛は深くて大きいだけだよ」
「はいはい。とっととその辺の女でも男でも構わないので、刺されて来て下さい」
「スズが盾になってくれるなら良いよ」
「死ね」
「もう、スズちゃんもシロちゃんも仲良くしないとダメじゃない!」
 そんないつも通りの三人を見回して、心の中で呟く。
 ……何事だ。
 階段を下りてくる足音が聞こえ、期待を込めて視線を向ける。
「あれ、丈。沙鳥は?」
「……お休み中」
「扉の前で番犬しないの……って、あそっか。前に扉を思い切り開けた沙鳥のせいで背中に青痣作っちゃって、番犬禁止令出されちゃったんだっけ。ごめんね、お兄ちゃんうっかりしちゃった」
 わざとらしく口許を抑えてぷぷぷと笑う藤司朗。
「……背を向けて、動くな」
 そう抜刀する丈之助の頭部を見て、遡羅はより一層追い詰められる。
 何だろう。何なんだろう。
 店の中を通って来た時から、嫌な予感はしていた。
 店内を駆けずり回る霞や東華の頭部にもあったし、カウンターの奥にはポスターも貼ってあったから。
 頭で理解していても、心が理解しない。

 何でこの人たち……猫耳してるの?

「ん? どうかした?」
 いつもと変わらぬ優しげな笑みを浮かべて、藤司朗が問いかける。
「いえ、あの……」
「まだるっこしいですね。言うなら言う。言わないなら悟らせない。常識でしょう?」
「ご、ごめんなさい……」
 鈴臣の冷たい言葉と視線に身を竦ませる。
「スズちゃん! 遡羅ちゃんが可哀想でしょう? どうして沙鳥以外にも優しく出来ないの!」
「生憎、そんな余剰はありません。沙鳥へで手一杯です。他に与える余裕があるなら、その分も沙鳥へ回します。沙鳥へはいくら贈っても足りないくらいですからね」
 膨れ面の政宗を、鈴臣は鼻で笑い飛ばす。
 そんな周りを無視して、丈之助はケーキの箱を覗き込む。
「チョコが良い。クリームのヤツ」
「はいはい。分かったから、手掴みで食べないの。今、フォークとお皿持ってきてあげるから」
 席を立ってキッチンへ向かう政宗の注意を聞かずに丈之助は、ケーキに指を突っ込んで掬い取る。
「……美味しい」

 ……どうして、こんなに平然と受け入れているのだろう。

 この中で間違っているのは自分なのではないのか――と錯覚をしてしまうほど馴染んでいる彼らの猫耳。
 それぞれの髪質にも完璧に似せてあるから、実は元々ついてたんだ★ なんて言われても、今なら本気で信じてしまいそう……
 というか、今なら何でも受け入れられる気がする。
 そこへ、音もなく戸が開かれる。
 政宗が戻ってきたのかとビクつく丈之助をスルーして、幸成が遡羅の前に立つ。
 中にきちんと付けているのだろう。フードの上からでも分かる、猫耳のシルエット。
 その格好のまま、座っている遡羅を見下ろして、布のようなものを突き出す。
 くれてやる、と……
「おや。珍しいですね、ユキ。……何ですか、それ」
「あれま。可愛いウサ耳だね。バニーさん?」
 とはいえ、女の子相手だからか、沙鳥に怒られたら困るとでも考えているのか、一般的なバニーガールの衣装ではなく、可愛らしいミニスカな白いワンピースタイプになっている。
「えっと……」
 真っ直ぐに遡羅を見つめる目は、優しく微笑んでいるようで……けれども、そのオーラは怒りに包まれている。
「えっと……」
 何かを口にする気配はないが、付き合いが短い遡羅にも分かった。
『勿論、着るだろ?』
 幸成と前に会った時の事を思い出す。

 ……赤ずきんの仕返しだ!

「あら、ユキちゃんも下りて来てたのね。どうしたの? あら、可愛いじゃない! 遡羅ちゃんに? きっと似合うわ! 奥で着替えてきたら?」
「そうですね。ユキの腕は完璧ですからね。何となくのイメージだけで軍服を作れるくらいですし」
「可愛いだろうな。あ、写真撮って彼にあげたら? きっと喜ぶと思うよ。男だし。次は貴方の前だけで着たいな、今夜とか……なんて望月さんから言われたら、どんな男でも陥落するだろうね」
「この手触り……本物?」
 「本物の感触を想像して作ってみた」と丈之助へ視線を移して無言で頷く幸成。そして、遡羅へと戻し、真っ直ぐに見つめ続ける。何も言わず、ただじっと。

 ……何で来ちゃったんだろう、今日。

 助けてくれるような人は存在しない。退路もしっかりと奪われている。拒否権はない。
 遡羅は渡された服を握り締めて、深々と溜め息を吐いた。