Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【Papera】

「丈之助」
 誰もいない薄暗い部屋で、少女が小さく名を呼んだ。
「……?」
 何処からか気配もなく現れた少年は、訝しがりつつも無言で少女を見つめる。
「剣道を教えて!」
 唐突な願い。それ自体はいつもの事だが、この少女が自ら進んで疲れる行為をするというのは不自然すぎる。
 しかし、この少年が少女の行動を訝しがるはずもなく、何の反問もせずに受諾する。
「剣道なら別に難しくない。棒っぽいモノを持って、相手を叩いたり突いたり斬ったりすれば良いだけ」
 しばしの沈黙。
「なるほど」
 少女は納得して差し出された刀剣を受け取る。
「とりあえず、問答無用で攻撃すれば良いんだね★」
 だが、少女にとってその剣は重すぎた。
「うにゃあ」
 持ち上げられなかった刃は、コンクリートであるはずの地面を深々と抉るだけ。
「……何で?」
「私が聞きたいよー……」
 少女は膨れ面で地面に座り込む。
 少年が平然と腰に差していたはずの刀剣なのに、たったの1センチも持ち上げられない。
「んー……剣なんて振り回せば終わりなんだけど……」
「振り回せないもん」
「何で?」
「分かんないけど、持てない」
「んー……」
 二人は地面に腰を下ろしたまま唸った。
 この二人だけでは、重い物を持つために鍛えるとか、軽い物に変えるという事に意識が向かないのだ。
「……あ」
 少年は少女を軽々と持ち上げて立ち上がらせ、そしてそのまま後ろから抱き締めるような格好で剣を握らせる。
「こうやって俺が持てば良い」
 しばし思案。
「ホントだ! 持てた!」
 わーいw と大喜びで振り回そうとする少女に合わせて少年が剣を動かす。
「でも、戦うのには向かないね……」
「それは心配ない。沙鳥が何かするより先に、相手は死んでるから」
「そっかーじゃあ、問題ないね!」
 少女は満足そうに剣を振り回し、少年は黙々と合わせ続ける。



 こうして、始終和やかな空気の中、殺人兵器による殺人講習は終わった。