Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【Abitudinario】


「……」
 丈之助は黙々と、レジーナのために取ってきた果実を皿へと移していた。
 レジーナの餌やりは丈之助の日課である。
 山盛りの果実をレジーナがいるであろう場所に運ぶと、そこにはレジーナの他にもう一匹。
「……お待たせ」
「遅いぞ、丈之助」
 僅かな間であったはずなのに。
「ごめん」
 心底申し訳なさそうに頭を下げ、一先ずレジーナへと皿を差し出す。
「ちょっと待ってて。何か持ってくる」
 牡丹の頭を撫ぜて丈之助は元来た道を辿る。
 常備しておいたドッグフードを手に戻ると、またしても数が増えていた。
「えっと……」
 とりあえず牡丹の前にドッグフードを置き、「邪魔してるよ」とばかりに鳴く楽へと視線を向ける。
「いらっしゃい……?」
 もう一度元来た道を辿り、これまたきちんと常備してあるキャットフードを手に戻る。
「……あれ?」
 またもきちんと数が増えている。
「お前にも持ってくるよ」
 楽にキャットフードを渡すと、蛇の頭を一撫でしてからもう一度同じ事を繰り返す。
「んー……」
 蛇に餌を渡すと、丈之助は小さく唸った。
「……青さんの食事って何?」
「それは兎も角、今度からは一度に全て持ってきてはどうだ? お前ならそれくらい容易いだろう?」
 その一言に、丈之助は「あぁ、そっか」と手を叩く。
「頭良いな、青さん」



 ――確実に明日も同じ事をするだろうけれど。