※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もう聞こえない
君のアシオト
もう覚えていない
君のニオイ

あれから何ヶ月の時が過ぎたのだろう
もう梅雨の季節になった

半年前のあの出来事は
記憶から消える事はないの
君からコドバ1つ1つが
僕の支えになっていた

今は崩れゆく一方で
何が二人を壊したのか
それさえも解らぬまま…

これほどにないほど
生きてきた時間の中で
こんなにも君を好きになって
『永遠』さえも信じていた

突然の別れが
僕を狂わせて苦しくさせて
息をする気もおきないほどに
君を愛していた実感

雨となって流れて
ミズタマリのように溜まってゆく
あの日からずっと
君の声が聞けなくて
あの日に戻れるなら…

なんて過去に縋り付いて
生きている弱い僕を
救うヤツなんていない