ぼくしーのアニメ制作例①


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ペイントツールは『SAI』を利用しています。

①1280×960のキャンパスを用意し、一番下のレイヤーを<R:G:B=000:064:000>で塗りつぶします。
(この色は、後に『parafla』に組み込んだ際に透明色に指定する色となります。作画に使用する色と被らなければ、どんな色でも構わないのですが、経験的にこの辺り、もしくは、<R:G:B=000:000:064>辺りが邪魔しなそうです。)


②<編集(E)><貼り付け(P)>で原画を貼り付けます。


③<レイヤー(L)><自由変形(T)>で、原画をキャンパスに大きさに調整します。


④<レイヤー(L)><輝度を透明度に変換(O)>で、原画を透明化します。


⑤<ペン入れレイヤー>を追加します。このレイヤーには、「爆発の一番明るい部分」の線画のみを描きます。


⑥<ペン入れレイヤー>の下に、<通常レイヤー>を追加して、「爆発の一番明るい部分」を塗りつぶします。(<バケツ>で塗りつぶして、塗り残しを<鉛筆>で塗り残しをつぶします。)


⑦更に<ペン入れレイヤー>を下に追加して、「爆発の一番明るい部分」以外の線画を描きます。


⑧その下に<通常レイヤー>を追加して、その他の部分を塗りつぶします。これでこのフレームの作画作業は終了です。この状態で『画像A』としてpng形式で保存します。


⑨次に、背景色と「爆発の一番明るい部分」以外を非表示にして、この状態を『画像B』としてpng形式で保存します。
爆発の全体を作画した『画像A』と、爆発の「爆発の一番明るい部分」のみの『画像B』の2つの画像を生成しました。ペイントツールでの作業はここまでとなります。


⑩『parafla』に先程生成した『画像A』と『画像B』を追加します。
<ファイル><プロジェクトプロパティ>を開いて、基本設定で幅=512、高さ=384を設定します。


⑪『画像B』の<アイテムのプロパティ>を開いて、透明色の設定を行います。透明色は<R:G:B=000:064:000>、色の範囲は120とします。


⑫『画像A』と『画像B』をイベントに追加します。


⑬イベントに追加した『画像A』と『画像B』の<イベントのプロパティ>を開いて、レイヤ深度や配置に関する設定を行います。
画 像 フレームカウント 深度 サイズ 不透明度 中心位置X 中心位置Y
画像A 0(=固定画像) 1 256 192 0.45 100% 640 480
画像B 0(=固定画像) 6 256 192 0.45 050% 640 480


⑭更に『画像A』の詳細設定を行います。
<ブラー>にチェックを入れて、ぼかしをX=Y=2、品質=2と設定します。


⑮次に『画像B』の詳細設定を行います。
<ブラー>にチェックを入れて、ぼかしをX=Y=4、品質=2と設定します。
<グロー>にもチェックを入れて、グローの色を<R:G:B=255:255:224>、ぼかしX=Y=20、品質=2、強さ=2、に設定します。


⑯<プレビュー><プレビューウインドウ>で、完成した画像を表示させることができます。
以上で、一枚分の画像が完成となります。




名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。