PSAの拡張


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 7.0ベースのデータフローによりPSA機能が変更された
  • データソースを有効化すると必ずPSAも生成され、データソースから直接PSAデータの照会や削除が行えるようになった
  • PSA内のデータは依頼単位で削除することが可能となった
  • PSA内のデータ参照時のレイアウトを変更、保持することが可能となった
  • 従来の処理オプション「PSAデータを読み込みデータターゲットへ更新」はなくなり、DTPに置き換わった

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。