マルチプロバイダで使用される複合特性のチェック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルチプロバイダ内で複合特性を使用する場合、構成元のインフォプロバイダ特性やナビゲーション属性とその上位特性の割当関係が構成元インフォプロバイダと異なるような不整合があると有効化できなった。このため、BW3.XからBI70へのアップグレード後に既存のマルチプロバイダが使用できなくなる可能性がある。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。