※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※《コマンド》
→はなす   しらべる
 つよさ   そうび
 じゅもん  どうぐ
 かいだん  とびら
 そうだん

※「ららら ~ ♪ わたしの なは ルクレツィア ~♪」
※「この インフェルノ を バラの はなばたけ で みたし たいの~♪」
※「…… あら?」
※「あなた たち そとから きた ひとたちね? え? ドゥーチェ を さがしに きたの?」
※「ごめん なさい ちょっと わからないわ わたしは うつくしい ものに しか きょうみが ないのよ」
※「ららら ~♪」


※《コマンド》
→はなす   しらべる
 つよさ   そうび
 じゅもん  どうぐ
 かいだん  とびら
 そうだん

※「ひひーん わたしは しゃべる うまの ベアトリーチェ」
※「この インフェルノ での ロコふるーちぇ さまの あいば だよ」
※「でも ここの ところ ロコふるーちぇ さまが どこに いるのか わからない んだ」
※「わたしの ところに こない となると もしか すると ルクレツィア か クラウディア のところ かなあ」
※「え? もう ルクレツィア のところ には いったの かい?」
※「ロコふるーちぇ さまは いなかった?」
※「そうか じゃあ クラウディア にも きいて みると いいよ」
※「クラウディア は ここから きたの はなばたけに いるからね」
※「いいかい よーく しらべる んだよ」



※《コマンド》
 はなす  →しらべる
 つよさ   そうび
 じゅもん  どうぐ
 かいだん  とびら
 そうだん

ひょーりみ は はなばたけ を しらべた
あたり いちめんに バラの はなが さきほこっている
しかし だれも みあたらない

ひょーりみ「??? だれも いないぞ」
※「もしかして わたしを おさがし かしら」
ひょーりみ「!!!! !!!! !!!!」

なんと ひときわ みごとな ばらが ひょーりみ たちに はなし かけてきた

Wなんとか「バ バラが しゃべってる ……」
ホモッタ「おどろく ことは ないぜ ^^」
ホモッタ「ここは ロコふるーちぇ の せいしん せかい なんだ」
ホモッタ「いった はずだぜ ここでは どんな ことでも おこり うる」
ひょーりみ「…… もしかして ちみが クラウなんとか さん?」

バラ は うなずく ように かるく ゆれた

※「ええ そうよ あなた たちは そとから きたひと ね」
※「わたしに なにか よう かしら?」



ひょーりみ たちは じじょうを せつめい した

※「…… そう あなた たちは ドゥーチェ を たすけに きて くれたのね」
※「きっと よい ともだち なのでしょう ね」
ひょーりみ「まあNE☆」
Wなんとか「俺は まったくの たにん だけど はなした ことも ないし」
※「ドゥーチェ は ここから みえる あの とうで ねむりに ついて いるはず だわ」
Wなんとか「…… あの よっぱら った ガウディ が せっけいず をかいた バベルの とう みたいな あくしゅみな たてもの の ことか」
※「ええ でも いくの なら きをつけて」
※「ドゥーチェ は じぶん の いしで ねむりに ついている わけじゃない」
※「だれかが ドゥーチェ の いしきを めざめ させまい としている」
※「わたしは そう かんじて いるの」
Wなんとか「…… もし かして おまえの しわざか?」
ホモッタ「おいおい なんで 俺様が ^^」
Wなんとか「しんよう できねー」
ホモッタ「やれやれ いいかげん 俺様を がいけんで はんだん するのは よしてくれ ^^」
ホモッタ「みろ こんなに ピンクいろ の アヌスの もちぬし が おまいらを だます ように おもうか? ^^」
Wなんとか「…… わかった から ケツを しまえよ」
ひょーりみ「まー とにかく その へんて こりん な とうに いって みようぜ」
※「みなさん ドゥーチェ のことを おねがい するわね」



~インフェルノの塔 最上階~

ホモッタ「!!!! おお わがとも ロコふるーちぇ !!!!」

ひょーりみ たちは ほのおの ろうごくに とじこめ られ うずく まって いる ロコふるーちぇ の すがたを はっけん した

ひょーりみ「おお いがいと かんたんに みつけ られたな」
ひょーりみ「なんか ぼうがいでも あんのかと おもったが らくしょー だった じゃん」
ミケーレ「しかし もんだいは どうやって おこすか だぜ ベイベー」
Wなんとか「そもそも こいつは なんで ろうごく に はいって んだ? じぶんで はいった のか」

ロコふるーちぇ「…… ……」

ホモッタ「むむ おい きをつけろ なにか ようすが おかしい ぞ ^^」

ロコふるーちぇ の まわりを どすぐろい オーラ が うずまいて いる
くろい オーラ は ロコふるーちぇ の からだと どうか して しまった
ゆっくりと ロコふるーちぇ が めを さます ……

ひょーりみ「なんか わからんが おきた!!」



ロコふるーちぇ「…… ゆるせ ない」
ミケーレ「おおう??」
ロコふるーちぇ「ゆるせ ないぞ ゆうしゃ ひょーりみ」
ロコふるーちぇ「よくも この俺を ほうちして たびを すすめて くれたな」
ひょーりみ「…… !!」
ひょーりみ「おいおい ちょっと まて そんなに こわいかお で にらむ なよ ドゥーチェ」
ひょーりみ「俺たち だって けっこう ちゃんと おまえの ことは さがしたよ だけど ……」
ロコふるーちぇ「だまれ !!!!」
ロコふるーちぇ「いいわけ なんか ききたくは ないぞ !! ふん !!!!」
ロコふるーちぇ「だいたい 俺は きさまが きにくわ ないんだ ひょーりみ」
ロコふるーちぇ「ともに たびを していても だれに あっても どこに いっても ゆうしゃ ひょーりみ ゆうしゃ ひょーりみ !!!」
ロコふるーちぇ「なぜ この ドゥーチェ が ゆうしゃ では ないんだ !!!」
ロコふるーちぇ「この ロコふるーちぇ の ほうが はるかに せかいを すくう えいゆうの うつわを かねそな えている !!!」
ロコふるーちぇ「この ロコふるーちぇ の ほうが はるかに せかいを すくう という しめいの すうこうさ を りかい している !!!」
Wなんとか「…… なんだ こいつ」
ひょーりみ「ちょ ドゥーチェ おちつけ って とにかく 俺の はなしを ……」

ロコふるーちぇ「だまれ !!!! !!!!」

ロコふるーちぇ「そうやって きべんを かさねて この ロコふるーちぇ を まるめ こむ つもり だろうが そうは いかない !!!!」
ホモッタ「むう ドゥーチェ いったい どうして しまった んだ」
ロコふるーちぇ「この ロコふるーちぇ の やいば は せいぎを つらぬく ために ある !!!!」
ロコふるーちぇ「いま このば での せいぎ とは ひょーりみ をたおし 俺が ゆうしゃ に なること にある !!!!」
ひょーりみ「おいおい ドゥーチェ ちょっと タンマ ――」

ロコふるーちぇ は きくみみを もたない !!!!

 ★闇に堕ちた ロコふるーちぇ が あらわれた