※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~名もなきそうげん~

おとこ「やや!!」
おとこ「こんな ところで ひとと あうとは おどろ いたな!」

おとこ「わたしの なまえは 信猛」
信猛「かつては とある国に つかえる ぶし でしたが はばつ あらそい に けんりょく とうそう」
信猛「そんな まいにちに つかれ はて やにくだり りそうの 国と あるじを さがし もとめて」
信猛「さんせん じゅうを たびして いたもの です」
信猛「…… しかし じっさいに いって みたら どこの 国も おなじ ような もの だった」
信猛「どこにも りそうの 国など なかった…」
信猛「だから わたしは きめたの です」
信猛「りそうの くにが ないの なら じぶんの てで おこせば よい!」
信猛「という わけで こうして 国を おこす のに てきした とちを さがして いるわけ ですが…」
信猛「あ!!」
信猛「ははは すみません じぶんの こと ばかりを はなして しまい ましたな」
信猛「あなた がたは いったい どこの どなた さま ですかな ?」

ひょーりみ たちは じぶんの なまえを それぞれ なのった

信猛「…… なんと !!」
信猛「あなた さまの なまえは 八戸のぶなが と もうされる のですか !」
信猛「おどろいたな じつは わたしも……」

※「ぐるる るるる るるる」

信猛「え?」
信猛「うわあ !!」

とつぜん くさむらから まものが あらわれ おそいかかってきた!



 ★阿斗スライム があらわれた

八戸 のこうげき
八戸 は トリップをかえる のとくぎをつかった
八戸 のトリップが ◆ORWyV99u2Y にへんかした
八戸 のたましいに 狂気 がやどる!!
八戸「俺の名は狂気……」

八戸のぶなが の 狂気 のいちげき!

阿斗スライム に 183 のダメージ!
阿斗スライム はたおれた

ひょーりみ たちは まものとの たたかいに しょうりした



信猛「おおお !!!」
信猛「たすけて くださり ありが とう ござい ます !!」 
信猛「八戸のぶなが さま!」
信猛「いまの あなた さまの ゆうし をみて この信猛 けつい いたし ましたぞ!」

信猛「じつは この 信猛の かめいも 八戸と もうします」
信猛「さきほど も おはなし した とおり わたくし は このとちに りそうの 国を おこし たいと おもって おります」
信猛「しかし わたくし には それを ぼうがい しようと おそって くる まもの をたおす うでっぷし も なければ」
信猛「ひとを ひきつけ あつめる カリスマ せいも ない」
信猛「……」
信猛「どう でしょう 八戸のぶなが どの?」
信猛「わたくしと ともに このちに のこり ともに くに づくりを おこ なっては ください ませぬか」
ひょーりみ「……… !!!」
八戸「なんと ?!」
信猛「まものを いとも かんたんに かえり うちに した その つよさ」
信猛「あなた さまが ともに いて くだ されば おそれる ものなど なにも ない」
信猛「それに あなた さまの その おかお」
信猛「ひとを ひき つけて やまない みりょく と ふうかく が ござい ます」
信猛「おおくの 国を たび あるき おおくの 王に はいえつ した わたし には わかる」
信猛「あなた さまは まちがい なく ひとの うえに たつ うつわの かただ !!」
ひょーりみ「…… ……」
信猛「なにより おなじ 八戸 という かめい」
信猛「この ような へきちで おなじ 八戸が であった ことは ぐうぜん ではない」
信猛「うんめい ……… いや てんめい であると 信猛には そう おもえる のです!」
信猛「おねがい もうし あげます 八戸のぶなが どの!」
信猛「この 信猛 とともに ここで ゆーと ぴあを」
信猛「八戸の国 を きずこう では ありま せんか !!」



八戸「 はい
   →いいえ」

八戸「ふむ …… たかく かって もらえる のは うれしい でおじゃるが きゅうに そんな ことを いわれても こまるで おじゃる」
信猛「そ、そんな!」
信猛「そんな ことを いわれても あきらめる ことは できませぬ」
信猛「わたくしは あなたに てんめいを かんじた のです のぶながどの!」

信猛「おねがい もうし あげます 八戸のぶなが どの!」
信猛「この 信猛 とともに ここで ゆーとぴあ を!」
信猛「八戸の国 を きずこう では ありませんか !!」

八戸「 はい
   →いいえ」

八戸「のう 信猛 よ まろたち には 魔王クマッタ をたおし さんせん をすくう という すうこう なしめい がある のじゃ」
八戸「おぬし とともに 国づくり をしている ひまは ないので おじゃる あきらめて くれい」
信猛「ぬぬぬ」
信猛「そんな ことを いわれも あきらめる ことは できませぬ!」
信猛「なるほど 魔王クマッタ をたおす ことも すうこうな しめい かも しれま せぬ」
信猛「しかし あくせいに くるしむ ひとびと のための りそう きょうを つくる のも また おなじ くらい すうこうな しめい では ありませんか」
信猛「そうは おもい ませぬか のぶなが どの!!」
八戸「むむむ」
信猛「…… ……」
八戸信猛 が たすけを もとめる ように むごんで ひょーりみ を みつめている
信猛 のために なにか いって あげますか ?

ひょーりみ「→はい
       いいえ」

ひょーりみ「……おい 八戸」
ひょーりみ「ここまで ひつようと されてん だ」
ひょーりみ「信猛 の ちからに なっちゃれ よー」
八戸「…… むむむ ??」
八戸「しかし で おじゃるな ひょーりみ」
八戸「ロコふるーちぇ が ゆくえ ふめいと なり いま まろが ぬけると こんごの たび が きびしく なるで おじゃるぞ」
ひょーりみ「ちょーし のんな ばーろー」
ひょーりみ「おまえ なんか いなくても 俺が クマッタ なんて ざこ ぼっこぼこ に してやんよ」



ひょーりみ「そんな ことより おまえ なんか このまま たびを つづけて いても どうせ とちゅうで しんじ まうん だから」
ひょーりみ「だったら ここに のこって 王さま なり なんなり に なった ほうが とくじゃ ねーか ちが うんか?」
八戸「…… ……」
八戸「…… ……たしかに いわれて みれば その とおり かも しれぬ で おじゃる」
八戸「…… ……」
八戸「…… わかった でおじゃる」
信猛「おお?! では のぶなが どの?!」
八戸「うむ 信猛 よ おぬしの のぞみ どおり まろは ここに のこり 国づくりを てつだう でおじゃる」
うんぴ「ええええ ええええ ええええ ええええ !!!! !!!!」
信猛「おおおお !!!! ありがとう ござい まする のぶなが どの!!」
八戸「…… ひょーりみ うんぴ」
八戸「ながい こと せわに なったで おじゃる」
八戸「まろの たびは ひとまず ここで おわり のようで おじゃるが まろは これで おわかれの つもりは ないで おじゃる」
八戸「国づくりが ひと だんらく したら かならず おぬしら を おいかける でおじゃる」
八戸「だから それまで 魔王クマッタ などに まけるで ないで おじゃるぞ」
ひょーりみ「ばーろー おまえが 国づくりを おえる まえに クマッタ なんぞ ぶっころ してるに きまって んだろー」
ひょーりみ「あばよ 八戸 いままで あんがとよ」
八戸「…… たまには まろの 国づくりの しんこう じょうきょうも みにきて くれで おじゃる」

ひょーりみ たちは 八戸のぶなが とわかれた……

うんぴ「う、う、 ひょーりみ のバカ なんで 八戸 を おいだし たり するん だよ ……」
ひょーりみ「バカヤロー あのほうが 八戸 のために いいんだ よ おれたちに きを つかって せっかくの はなしを ことわ らせたら わりー だろうが」
ひょーりみ「うんぴ おまえも 八戸の ともだち なら ないて ないで あいつの かどでを よろこんで やれ アホ」
うんぴ「…… ひょーりみ」
ひょーりみ「さて んじゃ 八戸 のアホが おいついて くるまえに とっとと 魔王クマッタ を ぶっとばし に いくか」
うんぴ「……うん オレ 八戸 のぶん まで がんばる よ」



~はいきょ~

ひょーりみ「!!!!」
うんぴ「!!!!」
ひょーりみ「おい …… なんだ こりゃ」
うんぴ「ゴミ箱の村 できいた 大珍帝国 って ここ だよね?」
うんぴ「でも ここって …… これって ……」
ひょーりみ「いったい なにが あったんだ ……」


※《コマンド》
→はなす   しらべる
 つよさ   そうび
 じゅもん  どうぐ
 かいだん  とびら
 そうだん

※「めらめら めらめら あつい あついよ だれか たすけて ……」


※《コマンド》
→はなす   しらべる
 つよさ   そうび
 じゅもん  どうぐ
 かいだん  とびら
 そうだん

へんじはない ただのしかばねのようだ


※《コマンド》
→はなす   しらべる
 つよさ   そうび
 じゅもん  どうぐ
 かいだん  とびら
 そうだん

※「さむいよ …… どこに いるの おかあ さん…… まっくらで なんにも みえない よ……」



※《コマンド》
→はなす   しらべる
 つよさ   そうび
 じゅもん  どうぐ
 かいだん  とびら
 そうだん

※「めらめら めらめら さむい… なにも みえない」
※「…そこに だれか いるのか?」
ひょーりみ は ほのお にむかって へんじを した
※「おお にんげんの こえだ ひさしぶり にきく いきた にんげんの こえだ……」
※「わたしの なは 諸徐幕 かつて この 大珍帝国の さんだい しょうぐん の ひとりに かぞえ られて いた おとこだ」
うんぴ「…… やっぱり ここが 大珍帝国 なの?」
※「おお そうとも こここそ ヘタリア 可児帝国 とならぶ さんだい 大国 と よばれた 大珍帝国 のみやこ」
※「もっとも いまでは せいある ものは ひとりも いない しのみやこ と なって しまったが ……」
ひょーりみ「いったい なにが あったんだ?」
※「なにが あった? そう まさに あれは あくむ だった」
※「この 大珍帝国 は そうめい なる国王 へいか 珍珍さま と その おじょうさま である かれんだが ぶげいに ひいでた 王女 ◆W0wczkw01o さまに よって おさめられ」
※「そのしたに わたし 諸徐幕と どうりょうの 包茎男 に 白濁液」
※「そう われら 大珍帝国 さんだい しょうぐん が ひかえ」
※「さらに そのしたに ゆうもうなる Wなんとか ぐんだん をしたがえ」
※「1000 ねんの はんえいを やくそく された 国 だった はずだった」
※「それが たった いちや まものの たいぐんの きしゅうに よって たった いちやに して すべてが ほろんで しまった のだ……」
※「国王 へいかも わたしも 包茎男も 白濁液も Wなんとか ぐんだんも それ ばかりか くにじゅうの おとこも おんなも こどもも ろうじんも」
※「すべてが ほのおの なかに いのちを おとす ことと なって しまった」
※「わたしには みることが できない しかし きみたち には みえるん だろう?」

ひょーりみ「→はい
       いいえ」



※「この くにじゅうに ころがる しかばねが そして むねんさ から じょうぶつ することも できず ただよう だけの こくみんの れいが」
ひょーりみ「…… やったのは やっぱり クマッタか?」
※「わからない あまりにも きゅうな ことだった ので てきの しょうたいを みきわめる ことさえ できなかった のだ う、う、」
ひょーりみ「…… ……」
※「…… しかし ひとつ きになる ことが ある……」
※「いくら よびかけ ても 王女 ◆W0wczkw01o さま を みつける ことが できない のだ」
※「王女 ◆W0wczkw01o さま は あのばん どこで なくなられ たの だろうか」
※「もしか すると どこかで いきて …… いや おろかな きぼうを いだく のは やめよう」
※「わたしは ぜつぼう する ことしか できない ただの しりょう なのだから めらめら めらめら」

ひょーりみ「…… ……」
うんぴ「…… ひどい はなし だね」
ひょーりみ「ああ まったく だぜ ……」
なぞのこえ「お!!!」
なぞのこえ「ようやく みつけたぜ ゆうしゃ ひょーりみ!」
ひょーりみ「…… あん?」
なぞのこえ「まったく てまを かけさせ やがって!」
なぞのこえ「まずは ゆうしゃ とやらの うでを ためさせて もらうぜ^^」

とつぜん なぞのおとこ が おそいかかってきた!



 ★なぞのおとこ があらわれた

なぞのおとこ「さあ テメーらの ちから みせて みな^^」

ひょーりみ のこうげき
ひょーりみ「あんな~ クリスマス キャンドル のひは~」
ひょーりみ は ぷらっとのリュートを ふりかぶって なぞのおとこ になぐりかかった
なぞのおとこ「で?」
ミス!! なんと なぞのおとこ は ひょーりみ のいちげきを うけながして しまった なぞのおとこ に ダメージをあたえられない!

うんぴ のこうげき
うんぴ「(v=ФωФ)ρ まろは 八戸 のかわり でおじゃる」
うんぴ は 顔文字 のとくぎをつかった
八戸 になった つもりで なぞのおとこ におそいかかる
なぞのおとこ「つまんね^^」
ミス!! なんと なぞのおとこ は ひょーりみ のいちげきを うけながして しまった なぞのおとこ に ダメージをあたえられない!

なぞのおとこ のこうげき
なぞのおとこ はにやにやしながら ひょーりみ たちをみている



なぞのおとこ「ほれほれ もっと 俺様を たのしませて くれよ」

なぞのおとこ のこうげき
なぞのおとこ「ったくよー もっと フォワード せっきょく てきに シュート いれろ っつーの つかえねー」
なぞのおとこ は スレ違い雑談 をつかった
うんぴ は すっかり きをとられて しまった

ひょーりみ のこうげき
ひょーりみ「たまには ネトラジ でもすっか」
ひょーりみ は ハンドマイク をどうぐとして つかってみた
なぞのおとこ「ふーん^^」
ダメだ! なぞのおとこ は ネットラジオ にきょうみをしめさない

うんぴ のこうげき
うんぴ は スレ違い雑談 にきをとられて こうどうできない……

なぞのおとこ「…… あー やめだ やめ やめ わかって たけど ゆうしゃ  っつっても おめーら まだまだ みじゅく だな ^^」

なぞのおとこ は こうげきをやめた……



ひょーりみ「いったい なんだよ テメー どこの だれ?」
ひょーりみ「オレたちと たたかうのか どーなの よ?」
なぞのおとこ「まあまあ あわて なさんな^^」
なぞのおとこ「えー ごほん」
なぞのおとこ「…… 俺様 …… もとい わたしの 名前は ロコ五郎」
なぞのおとこ「おまえら に せわに なった ヘタリアの 王族 ロコいちぞく のひとりだ」
ひょーりみ「ロコ五郎?」
ロコ五郎「そうとも よ わが王 ロコモティブ は おまえらが ロコのかんむり を とり もどして くれた ことに たいへん かんしゃ しててな」
ロコ五郎「その おんじん の おまえ たちが ふねで なんぱ して ゆくえ ふめいに なったって うわさを きいて いても たっても いられ なくなって な」
ロコ五郎「いちぞくの なかでも しんらいを おいて いる この俺様 もとい わたしに ゆうしゃ ひょーりみ の たんさくを めいじ られたのだ」
ロコ五郎「そして ごうりゅう しだい クマッタ だとうの ための てだすけ をしろ と」
ロコ五郎「これが 俺様 もとい わたしが ロコモティブ王 から うけた めいれいしょ だぜ」
ロコ五郎 は ひょーりみ たちに しょるい をみせてきた
そこには ロコ五郎 がはなした とおりの ないようが かかれ ヘタリア国 の もんしょうの いん と ロコモティブ王 のしょめい が そえられて いる
ロコ五郎「な?」
ひょーりみ「はあー? てだすけ? えらそーな こといって たよりに なんの かよ?」
ロコ五郎「おいおい ^^ 俺様の じつりょくは いまみた とおり じゃねーか たより には なるぜ」
うんぴ「…… たしかに」
ロコ五郎「俺様は どっかの いえでした バカと ちがって ゆいしょ ただしき しそロコロールの ちょっけい だからな ^^」
ひょーりみ「ふん なーんか うさん くせー」
ロコ五郎「まー そー きらわんで くれ ゆうしゃ さま」
ロコ五郎「じつは おまえら とは しらない なかじゃ ないんだぜ」
ひょーりみ・うんぴ「……?」
ロコ五郎「トラビアンで めいしゅと けんか した あげくに どうめいを とびだして わるかった な^^」
ひょーりみ・うんぴ「あ!!!」
ひょーりみ「おまえ まさか あの ……」
ロコ五郎「そ^^」
うんぴ「びっくり したなー」
うんぴ「おれ あのときは わるいのは ドゥーチェ だと おもったよ」
ロコ五郎「そりゃ どーも ^^ 俺様も もちろん そう おもってる ぜ」
ロコ五郎「ところで その バカふる は どこだ? おまえら と いっしょに たびを してた んだろ?」
ひょーりみ・うんぴ「…… ……」
ひょーりみ たちは じじょうを ロコ五郎 にせつめいした
ロコ五郎「あーん? あいつ ゆくえふめい に なったのか」
ロコ五郎「ったく しょーが ねーな ^^」
ロコ五郎「ま あの バカの ぶんまで この 俺様 もとい わたしが ロコけ を だいひょう して ゆうしゃ をサポート してやるぜ ^^」
ひょーりみ「なーんか きにくわ ねーなあ」
なんと ロコ五郎 がごういんに なかまにくわわった!!



ロコ五郎「ところで ひでえ ありさま だよな ここ」
ロコ五郎「おまえら を さがしてる あいだ ついでに 俺様も すこし 大珍帝国 ほうかい に ついて じょうほう を あつめたぜ ^^」
ひょーりみ「これを やったのは やっぱり クマッタ かよ?」
ロコ五郎「たりめーだろ ^^ しっかり してくれ よ ゆうしゃ さま ほかに こんな マネ するやつが いんの かよ^^」
ひょーりみ「なーんか かんに さわる んだよな こいつ」
ロコ五郎「あっそ ^^」
うんぴ「おれは きらいじゃ ないけど」
ロコ五郎「まー じょうだんは おいといて」
ロコ五郎「ここを ほろぼした やつの ねらいは どうやら この国の ひほう だった らしいぜ」
ロコ五郎「なんでも それは てにいれた ものに おそるべき ちからを もたらす という もの らしい」
ロコ五郎「それだけに かんりは げんじゅうに おこなわれ この国の 王族 だけが そのたからが あるばしょを しっている そうだぜ」
ひょーりみ「クマッタ のやろうは それを てにいれた のか?」
ロコ五郎「…… どうだろうな だが もしも てにいれて ないなら どうにか して そしせにゃ ならん だろう けどな」
ロコ五郎「ただでさえ 魔王が そんな ひほうを てにれては たまらん^^」
ひょーりみ「そりゃ そーだけど よ」
ひょーりみ「かくしばしょ は 王族 だけしか しらない んだろ?」
ひょーりみ「んなもん さがすのは むりだろ」
ロコ五郎「まーな ^^」

いぬ「わん! わん わん!!」
うんぴ「(v=ФωФ)ρ あ わんこ だ」
ひょーりみ たちが はなしていると とつぜん いぬが かけよって きた
いぬ「わん わん!! わん わん わん!!」
うんぴ「この わんこも きっと かいぬしを ころされた んだね かわい そーに」
いぬ「わんわん わんわん !!!! わんわん わんわん わんわんわん !!!!」
うんぴ「(v=ФωФ)ρ わんわん なにか いいたいで おじゃるか?」
ロコ五郎「…… まて 俺様の かんが つげてるぞ」
ロコ五郎「そいつ ただの いぬじゃ ねーぞ」
ひょーりみ「あんだよ これが まもの だっ つーのか?」
ロコ五郎「ちげーよ ^^ まほうか なんかで いぬに かえられた にんげん だっつ ってんのよ ^^」
いぬ「わん!」
ひょーりみ「…… うそ だろ?」
いぬ「…… ……」
うんぴ「わんこ もしかして にんげん なの?」
いぬ「わん!!」



ひょーりみ「…… ……」
うんぴ「…… …… なんか」
ひょーりみ「ああ ホントに にんげんな きが してきたな」
いぬ「わん!!」
ロコ五郎「だから 俺様が そー いってんだろ ^^」
ひょーりみ「……けどよ このいぬが ホントは にんげん だったと して それが なんなのよ」
ロコ五郎「…… おまえ ほんとうに ゆうしゃか? あたまを つかえよ ^^」
ロコ五郎「こいつが にんげん だと したら 大珍帝国 の いきのこり だろうが もしか したら この国の たから のありか をしって るかも しれねー だろう が」
いぬ「わん!!」
ロコ五郎「な? ^^」
ひょーりみ「なるほど …… で どーやって もとに もどすの?」
ロコ五郎「さあ?」
ひょーりみ「なぬ?! わからんの かい!!」
ロコ五郎「俺様は ばんのう じゃねーよ ^^」
ロコ五郎「ただ どっかで なんか そういう かがみが あるって うわさは きいた ことが あった よーな ……」
ロコ五郎「ゆうしゃ ひょーりみ よ おまえらも そこそこ ながい こと たびしてたんだろ? なんか そういう ものしり はかせは しりあいに いねー のかよ?」
ひょーりみ「ものしり はかせ か………」