|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

辛かった一年間

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • プロローグ

??

え??

どこにつれていくの??

!?

痛ッ!!

やめて―――!




  • 第一話 中学校

私、稲原 桜。

今日から中学生

新しい生活が始まる

「今日からここの担任の島田だ。一人一人自己紹介をするように」

と男の先生。

私の自己紹介、

「稲原 桜です。皆さんとはやく友達になりたいと思ってます。」


え…

何この空気…

しーん…

静まり返った教室

冷たい視線

「はい次ー」

と先生のあいずで、空気が戻った。

とりあえず、自己紹介は終わった。




  • 第二話 空気の意味

休み時間

桜は考えていた

さっきの空気のことを。

一体なんだったんだろう

私、何か間違ったこと言ったっけ??

理由もわからないまま休み時間が終わった。


3時間目、理科

「今日は理科室で実験を行う。火を使うから気をつけて実行しなさい。」

「はーい。」

皆とともに向かう理科室

「理科の担任の吉田です。よろしくお願いします。」

今度は女の先生だった。

「では、この容器に水をいれ…………」

と説明をされ、実験をすることに。

準備をするとき、私はある女の子にぶつかってしまった。

「あっごめん」

と私のあとに、

「ぃってーな」

と叫んでさっさと歩いていった。

「どうしました??」

先生に聞かれて私は、

「いえ。何でもありません」

と、とっさに言い訳をした。

みんなの冷たい視線が私の背中を突き刺しているような

胸がムカムカした。





名前:
コメント: