|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ひいらぎレールジャーナル第零回

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ的なもの


ある日のこと、僕はあるお店でお宝(少なくともその手のファンにとっては)を手に入れた。
それがこいつだ。

昭和39年(1964年)10月の改正時刻表である。

表紙に描かれているものには日本のみならず世界から注目を浴びた。
時速200キロメートルを超すスピードを出す「新幹線」なる乗り物がデビューしたのである。


この「翼のないジェット機」と称された「夢の超特急ひかり号」をきっかけに世界中で高速鉄道に手をつけることになる・・・・・
が、その話は横に置いておいて・・・・・


この時代に生きた各地各線の列車をかいつまんでエピソードを語っていこうと思う。


それと同時に、これまで自分が乗ってきた列車等の話や、最近の鉄道ニュースの話を織り交ぜてこのコーナーを構成するという方針でいく事にする。


更新ペースなど思いつく限り載せていくつもりであるのでよろしくお願いしたい。
2012年1月15日
薔薇乙女寿司はWJFプロジェクトを応援しています。

カウンタ

今日 -
昨日 -
総計 -