かずのあしらい 参考図書

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この辺りのことをあつかっているものでは、


が秀逸である。

この本は、R(S)の「かずのあしらい」に焦点を絞って、たくさんの例題で、これでもかという具合に、プログラミング言語としてのR(S)の底力を示してくれる。

お急ぎでない方(あさってまでに実験データをまとめないといけないとかそういうので無い人)は、一度この本を手にとってごらんあれ。一皮も二皮もむけた、データ処理(あしらい)の道具だったとR(S)を見直すはず。
他の詳しいR(S)本の理解の深さも深まる。そして作業効率も数割増しは保証できる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー





更新履歴

取得中です。

サイト内検索


カウンタ

-