ら行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ルーファ(ラテン語で赤を意味する言葉ルーファスを崩したもの【紅い月をイメージ】)・・・物語の舞台となる星。月が破壊されたことにより、星自体の重力のバランスが崩れ、崩壊への道を歩んでいる。ティキは月を再生させ、この星ルーファの崩壊を防ぐことを目的の1つとして動いている。

リシュレシア・・・ティキの住む街の名前であり、国の名前でもある。街と国の名前が同じ理由はリシュレシアは国家都市であるということわ表す。世界で始めて月の再生計画を打ち出し、他国との同盟を結び、月再生プロジェクトである”紙碑(しひ)”を発足させたこのプロジェクトの代表国である。



ルティー・・・英語表記はLUTEE。ティキが経営する何でも屋のような店。金次第でどんな仕事をもこなすが理念。ただしティキの性格上、金を積まれても断ることがある反面、無償でも仕事を行うことがある。一般的に多く依頼されるのは探し物関連が多い。警察では取り扱ってくれないような依頼がほとんど。ティキがルティーを経営しているのは月の復活に関する情報集めと、探している男の行方の情報を得るためである。その傍らで生活費を稼ぐために一般人からの依頼も受けている。




リバティー・・・一人乗り用の小型の空中浮遊用のバイク。主人公をはじめ多くの人間がこのリバティーに乗っている。ルーファは、上層域(サガルマータ)がいくつもの区間に別れていて、区間との間は一部の橋が架かっているところ以外はなにもないので移動するためにはリバティーのような小型の船がいる。もちろん複数人が乗れる車タイプのものや、大型の船のようなタイプ(ヴィマーナを参照)も存在する。リバティーはそれらの総称。リバティーのモデルはGSX1300Rハヤブサ。ティキの愛車は『ファルコン』


リームベルト国公立公園・・・リシュレシアにある国公立公園。緑と丘を中心とした広々とした公園。昼間は人で賑わう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。