最近幽体離脱にはまった まとめ コテ > ムササビ

テンプレ

345 名前: ◆scPmu6kAwo [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 12:29:16.04 ID:G5FlCSOh0
【ハンドル名】 ムササビ◆scPmu6kAwo 一応作っとく
―恐怖でガクブル状態の俺―

そして、イスに座ったまま真後ろに倒される。
親は俺を上から睨み付けてた
そして、恐怖は絶頂に・・・

ここで渡辺に戻る

385 名前: ムササビ ◆scPmu6kAwo [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 14:35:13.93 ID:G5FlCSOh0
大事な事書き忘れたけど

俺は何も盗んでないぜ

394 名前: ムササビ ◆scPmu6kAwo [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 14:51:04.28 ID:G5FlCSOh0
 >>387
 >何度か渡辺に戻りそうになったが、根性で名倉にいようと思った。
コレ見て思ったが
俺は渡辺に戻ってしまうような感覚は無かったな。
体験談その1では自分の意思で戻ったが
どうやって戻ったのか判らないし、
後で書くけど体験談その2、その3、その4では
いつの間にか戻ってたっぽい

407 名前: ムササビ ◆scPmu6kAwo [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 15:22:18.02 ID:G5FlCSOh0
 >>404
それじゃ、先に出てたスッパマンに譲っとくか

質問があったら答える

 >>395
俺の【体験談】その1ではあまり意識はなかった。
恐怖に囚われまくってたからな。パニック状態か。
ただ、渡辺で同様な事が起きた場合を考えると
同等の意識レベルと見てよかったと思う。

 >>399
書き忘れたけど俺はヘミ等のアイテムは使ってない。
ただ、今回の体験から考えると
金縛り→聴覚とは別だし、来たら絶対気付く
幻聴→ヘミがよほど大音量で無い限り、あの爆音を消すのは不可
     ではないだろうか・・・と思う。

419 名前: ムササビ ◆scPmu6kAwo [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 15:55:20.28 ID:G5FlCSOh0
 >>403
寝落ちの感覚か・・・
2ヶ月の俺にはいまいち判らないが
継続して得た経験は役立つもんなんだな。
俺もその感覚とやらを得るよう頑張るぜ。

 >>414
普通と起き方が違うのには俺も感動した
あんなにすがすがしい寝起きは初めてだったな

426 名前: ムササビ ◆scPmu6kAwo [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 16:17:27.92 ID:G5FlCSOh0
【体験談】その2
その1の終わりで渡辺に戻ったあと、すぐに再チャレンジを試みた。
カオス状態までは楽勝だったに進んだ。
だが、先ほどの悪夢の為か
自分の部屋を想像すると
 >「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ・・・・・」
 >階段を下りる音が物凄い轟音で聞こえる。
この部分が幻聴で聞こえてしまうようになっていた。

怖いのはもうこりごりなので別の物を想像することにした。
「俺は大草原の上を飛行している」
しばらく想像を続けると
とても美しい大草原が見えてきた。
その映像はとても鮮明で記憶にも鮮明に残っている。
地平線のようなものは無く、白いモヤから次々と草原や山々が湧き出てきた。
しばらくその風景を楽しんでいると
段々体に風が当たる感覚が出てきた。
さっきからwktkが止まらない俺だが
なにやら様子が変だ。
風がうまく操れない・・・動きが不規則になってきた。
「ん?あれ?」
よく見たら俺はただ布を広げているだけじゃないか・・・
本当はスーパーマンみたくなっているはずなのに・・・
「まぁスッパマンよりはマシか・・・」
そんな感じで俺はしばらく空中飛行を楽しんだ。

434 名前: ムササビ ◆scPmu6kAwo [sage] 投稿日: 2007/12/29(土) 16:42:25.22 ID:G5FlCSOh0
 >>426の続き

空中飛行を楽しむ俺だが、名倉はそれほど甘くなかった。
どんどん動きが不安定になる。
そこら辺に飛んでいる鳥さんに当たりそうになったり、
ドラゴンボールみたく辺りに点在している岩に墜落しそうになったりしてた。
「そろそろヤバそうだ」
とか考えてたら何やら2階建ての家屋が並ぶ
町並みの一部を持ってきたようなものが見えてきた。
なんとかその家屋の屋根に着陸することができた。

町を見渡してみるが、やはりそこは名倉だ。
意味不明なものが多い。
ペンキの缶が2階の屋根から1階まで紐で吊り下げられて
まるで八百屋の量りみたいになっている。
あまりの奇妙さにちょっとその店(?)を覘いて見ることにした。
暗くて狭い室内におっさんがいた。
・・・・・・・・・
そしたら、そのオヤジがいきなり俺に何かを手渡した。

 ― タバコの吸殻だった ―

俺は激怒し、オヤジに吸殻を投げつけた。
オヤジは大事そうに吸殻をしまっていたが
当然俺には理解不能。

記憶に残っているのはここまで・・・