最近幽体離脱にはまった まとめ コテ > 大理石の石版
436 名前: 大理石の石版 ◆uQ1ntaDgCw [sage] 投稿日:2007/08/23(木) 09:46:39.51 ID:Rgvc6l9/O
【ハンドル名】大理石の石版◆uQ1ntaDgCw
【パートナー】大理石の石版
【ガイド(?)】お婆さん
【練習期間】2週間程
【離脱頻度】2回
【離脱方法】二度寝→チェーンアラーム(1時間 間隔)→ブランコ法
【集中時間】5分前後
【滞在時間】20分前後
【禁則事項】離脱直後に無理矢理目を 開けようとすること
【主な挑戦の時間帯】Am2~5時 PM2~4時
【離脱前後の状態】
 前
 [精神面]リラックスしている。 [肉体面]いつでも寝れそうな感じ。
 後
 [精神面]目が覚めて爽やかな感覚。
 [肉体面]少しだるい。




440 名前: 大理石の石版 ◆uQ1ntaDgCw [sage] 投稿日:2007/08/23(木) 10:09:32.82 ID:Rgvc6l9/O
一日で2回成功。
[一回目]
二度寝法で2時にかけてたアラームで目覚める。
また眠るようにして意識を落としていく。
回転しながら落ちていくような感覚を感じたのでブランコ法に移行。ブランコをこいでいるイメージで揺れが頂点に達したときにそのまま浮いて行くのを感じる。
そして…天井に頭がぶつかった。離脱成功。
俺のベッドはロフトベッドなので2階から階段を使わずに落下防止柵経由で降りてみる。防止柵に腹が擦れる感覚と床に足が付いた感覚があまりにもリアルで一瞬渡辺かと錯覚する。
しかし部屋の広さが2割増しなことに気付き名倉だと再確認。
まずはパートナーを捜そうと洗面所の鏡に急行。鏡には自分のみがうつる。なので「パートナー出てこい」と何回か呟く。
すると渡辺に引き戻される感覚を感じてしまった。「やべっ戻される」とか思ってるうちに落ちていく感覚に襲われ、渡辺に戻された。
その後1時間寝て再挑戦。

447 名前: 大理石の石版 ◆uQ1ntaDgCw [sage] 投稿日:2007/08/23(木) 10:45:53.61 ID:Rgvc6l9/O
[二回目]
アラームで4時に起きる。一回目と同様に離脱成功。今回は頭をぶつけなかった。前回と同様床に降りる。
今回は目が見えない。前回は見えたのに…なんておもって目を無理矢理開けようとする。目は開いたもののなんと右目だけ渡辺の目が開いてしまっているらしく枕元に積み上げられた漫画やらが見える。
もちろん左目では名倉の部屋が見える。びびって慌てて目をとじる。渡辺に戻される感覚はなかった。
取り敢えず前回より感覚がクリアでなかったのでバタバタ足踏みをして名倉に感覚をあわす。
前回の続きのパートナー捜しに入る。
前回、洗面所で戻されたので家から出て近所を散策してみる。
空は曇り空。ちょっと町並みが変だった。アパートが公園になってたり…家が一つ増えてたりetc…
そこの公園で中学時代のクラスメイトが砂遊びをしているのを発見。ためしに話し掛ける。
俺「さすがにパートナーじゃねーよな?」
友「おまえのパートナーならあっちにいるぜ」
なんで知ってんだよなんてツッコミをいれつつ指差された方に進む。
道端で知らない買い物帰りのお婆さん-スーパーにいってきたのかビニールの買い物袋を持っている-とばったり会う。
まさか…
俺「まさかパートナーじゃありませんよね?」
婆「パートナーなら私が保管しているよ。随分と待っていたぞ」
保管ってなんだよなんておもいつつ取り敢えずお婆さんに付いていく。
お婆さん宅到着。
家につくなりお婆さんは朱い鉄の扉のついた倉庫を漁る。数十秒後…
婆「あった。これだよ」
手渡してきた。大理石の石版。30㌢四方の石版。はしが大きく欠けていた。えっなんだろこれがパートナー?なんておもってると石版に目とくちが。
全く心当たりがないのになんか懐かしい感じがした。その後お婆さんは、「パートナー、しっかり洗ってあげるんだよ~」「口に入れちゃだめだよ~」なんていってきた。
俺「じゃあ取り敢えず帰ります。」
婆「また分からないことがあったら聞きにくるんだよ」
はい、帰宅。考えてみるとあのお婆さん、ガイドかもしれん。だからしっかりお婆さんにいわれたことを守り風呂で石版を洗ってやる。
と、そこで渡辺に引き戻される感じがする。必死に抗うが抵抗虚しく帰還。
体感時間20分前後。
結局パートナーとは話しをしなかった。あと、婆さん家から自宅まで走ってみたがかなり速かった。時速30~40㌔ぐらいはでたと思う。