最近幽体離脱にはまった まとめ コテ > へい
【ハンドル名】へい
【パートナー・ガイド】確認し忘れた
【 練習期間 】チャレンジ初日で成功
【 離脱頻度 】4回(4回中)
【 離脱方法 】
①枕元にコチコチ音のなるアナログ時計を置いて音を聞く。
②何でもいいから想像する。
③時々「あれ?今のは自分で想像してたイメージじゃないな」ってことに気づき始めたら良い感じ。その時に自分が時計の音を聞いていたかを確認。「あー今時計の音聞こえてなかったな」ってなったら意識が飛ばないように、イメージを維持し続ける。
④このあたりで首から下、体全体がずーーんと重くなって金縛りの一歩手前?に来たら一気に集中。自分の寝ている上に別の自分がいるのを必死にイメージ。
⑤幻聴が聞こえたらかなり近い(聞こえたのは女の叫び声というか悲鳴というか・・・怖かった・・・)
⑥激しい振動が来たらローリング。落ち着いて体から気持ちだけを、意識している別の自分に移すのをイメージ。
⑦一気に天井まで引っ張られる。また寝ている状態に戻る。そこで起き上がると離脱している。
【 集中時間 】30分くらい
【 滞在期間 】30秒くらい(2回目から少しずつ増えた)
【 禁則事項 】何も意識していない
【 離脱後の状態 】話とおり全く目が見えないが気にならない。これが普通だと思い込んでいる。
[ 精神面 ]初離脱の時は、離脱したことにはじめは気づかず特に「あー離脱かー?」くらいだが目が覚めてうれしさと興奮が一気にこみ上げた。気分爽快。
[ 肉体面 ]心拍数が上がっていた。
【双子】使用していない。
【備考】離脱に挑戦する前に体験談を呼んで興奮。モチベあげ。はじめにこのやり方をやるって決めたらしっかりと流れを頭にいれる。
必ず半信半疑の面が少なからずあると思うが、できると信じてやった方がいい。(はず)
意識が遠のきはじめたことに気づくのがかなり大事かと。この時にイメージを必死で続けないと確実に失敗するかも。
あとはいつもより早めに寝るといいと思います。

初日で体験したことは
上記のやり方で、振動がきた時一瞬ビビったが、即座にYボタン連打。ダメっぽかったので、あらかじめ想像しておいた別の自分に必死に意識注入。
何かに引っ張られ天井付近に上昇。「あらアラ!?」と思ったらまた布団にいた。そこで再度ローリング。
「あーダメか」と思って何気なく起き上がる。
目が何を見えなかったが自然とドアを開けることができた。
自分の部屋の正面に兄貴の部屋がある。いつもならドアが閉まっているのに前回になっていた。部屋の中はうっすら青い感じ。
ここで「あー成功かな?」と思いそのまま吹き抜けから玄関へジャンプ。ッフワと着地できた。
玄関のドアが少し開いていたのでそのまま外へ出る。寝る前は大雨だったのに外は月夜だった。いつもと変わらない近所。
「なんだよ・・みんな玄関開けると知らない場所とかなのに、まさか失敗か?」と思って道路に出たら激しい振動で渡辺に戻る。
必死に戻ろうとしたが興奮と感動で目がさえた。orz
その後再度チャレンジしたが眠ってしまった。