|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Papalagi Never Have Enough Time(Lesson4)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20世紀の変わり目に、一人の若くてサモウア出身のツイアーヴィと呼ばれた酋長は、
文明の素晴らしさを知るためにヨーロッパを旅行した。
しかし、ツイアーヴィは西洋の文明に失望するようになった。
帰国した時、彼は西洋の人々の方法、つまり"パパラギ"の方法について民族に警告した。

パパラギは硬貨と紙幣を好み、そして果物から作られる液体をたくさん飲むことを好んだ。
しかし、とりわけ彼らは捕まえられえないがそこにあるもの、つまり時を愛した。
彼らは時について愚かにも多く語る。

パパラギは決して彼らの時間に満足しない。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
彼らはココナッツを小さい四角に分けていたであろうように彼らの日を分ける。
全てのパーツは自身の名前を持っている。
つまり、秒、分、時である。
私はこれを理解できない。
なぜなら、このような愚かな事態について考える事は私を混乱させるからだ。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
男性、女性、そしてほとんど自分の足で立つことが出来ない子供でさえ、
小さくて平らで丸い、それから時を知る事の出来る機械を持ち歩いている。

加えてもっと大きくて大きい時の機械があり、
小屋の中に立っていたり、またはもっと高い屋根にかかっている。
その結果機械は遠くから時間を見られうるのだ。
もし時の一部が過ぎ去った時、機械は叫び声を上げ、
心臓部の中の鉄に対してその精神が叩きつけるのだ。
そう、ヨーロッパの街では大きな騒音が鳴るのだ。

その時の騒音が起こったとき、パパラギは非難する。
すなわち『時が私を避けている』である。
それから彼らは悲しい顔をする。
たとえ新しい時間がちょうどやってきたとしても。
私は決してこの事を理解できなかったが、
それは病気かもしれないと考える。

こういうわけで私はこれが病気たりえるというのだ。
パパラギが何かしたいとする。
つまり、日光浴に行きたい、川を下ってボートに乗りたいと願ったとすると、
彼らはいつも彼らの欲望をだめにするだろう。
そして私は幸せになる時が与えられなかったと考えたのであろう。
時はそこにあるが、どんなにがんばっても彼らはそれを見ることが出来ない。
彼らはそれから時を要する千のものに名前をつけ、仕事に精を出す。
たとえパパラギ自身を除いて誰もそれを強制していないとしても。




Written by revatin - 田岡様がやったところまでですよwww
赤文字は少なくとも自信がない部分。
自信のある部分?そんなのありませんよwww