|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Short Story - All Those Nought-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

All Those Noughts
スーロウはみなが気づく大きな男だった。
彼は太って滑らかな、非常に多くを食べた男の顔をしていた。
彼は白い髪のすばらしい頭を持っていた。
あなたは彼がとある重要な人だと知っていた。
そして彼の服は彼が金持ちだとあなたに物語っていた。
しかし彼はいつも金持ちではなかった。彼は貧乏な家の出なのだ。
彼は金を稼ぎたいと決意し、金稼ぎが上手くなっていった。
20になる前に、リオで彼は自身の事業があった。
彼には2つの格言があった。1つ目は”安く買い高く売れ”
2つ目は”決して振り返るな”である。
そう、スーロウは金持ちで不誠実なのだ。
彼は度々安い値段で盗品を買い、高い値段で売った。
彼は現金を使い、何にも決してサインをせず、決して税金を払わなかった。
彼のチューリッヒのホテルを離れたとき、空港に行くタクシーの中で
彼はぎゅっとブリーフケースを抱えていた。
人々はなんと言うだろうか、彼は考えて、
もし彼らが私のこのブリーフケースの中に100万ドルをもっていると気付いたら!
100万アメリカドルだ!
彼は100万のかわいらしい緑色、アメリカの大統領の絵、100万ドルという数字を考えた。
これら全てのゼロ、すなわち100万アメリカドルである。
6つの美しいゼロ達!彼は体のすぐそばにブリーフケースを抱えていた。
今夜、彼は考えて、アムステルダムでこのお金は金庫の中に入るだろう。
スーロウは気分よく感じた。

ヤーニーは小さくて細い誰も気付かない男だった。
彼は重要そうには見えなかった。誰もこれまでに彼の顔を思い出さなかった。
ヤーニーは奈々氏だった。彼は透明だった。
彼は貧しい家の生まれだった。
より歳をとったとき、ヤーニーは”透明”であることに喜んでいた。
なぜなら彼の仕事にとって有利だからだ。
ヤーニーは泥棒だった。そして彼は盗みに優れていた。
20歳になる前、彼はチューリッヒに来てスイスの身分証明書を手に入れた。
彼はスリをしたり、ハンドバックから財布を盗むことにおいてスペシャリストになっていった。
彼は一つだけ格言を持っていた。”細かく、頻繁に”
彼はかつてほとんどの時間を鉄道の駅で過ごして、カモを狙っていた。
そこでは開いた買い物かばんの中から財布を盗むことは簡単だった。
ある日、彼の友達、クレジットカードを盗むことにおいてのスペシャリスト、ディクスはヤーにーに尋ねた。
”ヤーニー、おまえ空港を試したことはあるか?そこには太った金持ちがいるぜ。”
だから彼はある日空港に行った。彼が見つけることができるものを探すために空港に行った。
カウンターで、ヤーニーは太った顔で愛らしい白髪頭の大男に気付いた。
彼は男がカウンターの後ろにいる女の人となにか言い争っているのに気付いた。
彼はまた地面にスーツケースを置いているのに気付いた。
男は女の口論するのに忙しいのだ。上手く行くさ・・・

スーロウは怒った。
”私は1週間前に飛行機の席を予約したんだ。
私は街にあるあなたの会社に今日私のチケットを空港で受け取るだろうと伝えたんだ。
だからそのチケットはどこだ。”
”申し訳ございません。ですが、ご予約の記録がないのです。もう一度お名前を頂けますか?”
”なんだと!かなわんなあ!”
彼は子供に語りかけるときあなたが使うある種の大きくゆっくりとした声で、
彼の名前を綴れるように声を出した。
”私の名前はスーロウだ。S・U・L・Oだ。さあ急げ。
さもなければアムステルダム行きの飛行機に乗り遅れてしまう。”

数分経って、女は結局スーロウの予約を見つけた。
つまり、それはスーロウの下に載っていて、犯しやすいミスだった。
彼らはスーロウにチケットを渡した。

”もしお客様がバックを一つだけお持ちでしたら、まっすぐ飛行機まで通り抜けることができます。”

”分かった。それなら私はブリーフケースだけ・・・”とスーロウは言った。
彼は下を見た。ブリーフケースは消え去っていた。
彼はあたりを見渡して、彼の目は狂気じみていた。
一瞬の間、彼は気絶しそうになった。
カバンがなくなるなんてありえない!彼はケースを下に置いた場所をじろじろと見つめた。
あたかもまた出てくることを期待するかのように。
彼はトイレに行きたくなった。気分が悪くなった。

スーロウがカウンターと論じている間にヤーニーはトイレへ階下に行った。
彼は一番近い個室に入り、背後のドアを閉めた。彼は非常に興奮していた。
ブリーフケースの中にはあらゆる種類の有用な物が入りうる。
すなわちたぶん計算機のようなもの、何本かの高いペン、またはいくらかの外国の紙幣、
または何枚かクレジットカードが入っているのだろう。

”細かく、頻繁に”ヤーニーは笑いながら自分に言い聞かせた。
”細かく盗め、頻繁に盗め”彼は静かに歌い始めた。

彼はトイレに座ってケースを開けた。
彼はたくさんの緑色の紙幣を見たとき、叫びだした。何百万ものアメリカドルだ!
彼は恐れを感じ、また気分が悪く感じた。
このような大金は大きな厄介ごとだ。
そして彼はどんな厄介ごとも望んでいなかった。

”どうしよう。トイレに流すべきだろうか?”彼は自身に言った。
”だめだ、それには時間が掛かるだろう。だめだ。ただ置いておけばいい!置いて出よう、すぐに!”

彼は今怒りを感じていた。なぜ大男が他の人のように数枚のクレジットカードや
小額の紙幣をただ持ち歩けないのだろうか?
なぜ男は本当の泥棒が盗むことのできる何かあるものを持っていないのだろうか。
このような何百万ドルの紙幣でなく。これは愚かなことだ。
ヤーニーはカバンを閉じて拳で殴りつけた。

”こんなのは公平じゃない!”とヤーニーは大声で叫んだ。
ヤーニーはブリーフケースを便座の後ろの見えないところに置いた。
ヤーニーは自分が空港から逃げてしまう前に誰もカバンを発見しないことを望んだ。

”鉄道の駅に戻って、いくつかのサイフ、その中にはした金しか入っていないサイフを盗もう。”
ヤーニーが階段を登っているとき、白髪の大男が降りてくるのを見た。
ヤーニーの心臓は止まった。
ヤーニーはすばやく視線をそらし、スーロウは彼に気付くことさえなかった。

スーロウは階下に行って最も近い個室に入った。
彼はドアを閉め、頭を手で抱えてトイレに座った。

”どれだけ私はバカだったのだろうか?”彼は自身に問いかけた。
”100万ドルぞ!そしてどこかの醜くて小さい泥棒が盗みやがったんだ。
くそったれ、いつか捕まえたら殺してやる。
ここのところいたるところにも泥棒はいるんだ。
この世界はもはや正直者にとっては安全ではないんだ。”

腹を立てるのはいいことだったが、
彼は失った金についてできることはないと悟った。
彼は立ち上がって個室を出た。
そのブリーフケースはまだ便座の後ろにあったが、スーロウは振り向かなかった。
決して振り向かなかったのだ。