※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

後編

モーションフェイクを覚えよう☆

―フェイクのかけ方―…の前に、モーションフェイクの特性を。
メリット→相手は完全に打つコースが分かったと勘違いし
どっちのコースも取れる位置取りをやめてくれます。
デメリット→溜めが若干短くなるため球の威力が約3割引き位になります
(このデメリットは◎状況によっては消えます)

それでは、フェイクの手順☆

打つ構えに入る前の瞬間レバーをフェイク側に倒すそれに続いてボタン押す。
で、レバーをフェイクとは違う方に素早く倒して溜めて打つ。
(この倒す→押す→倒すの間隔が短ければ短い程良い)
キャラは構えに入る瞬間にフェイク側レバー方向に一瞬向き
ショットを溜め始めます。相手はそのモーションを見てフェイク側に走ります。
で・す・が、実際溜めてる方向は正反対。相手はコースが分かってると思い込み
自分のインパクトと同じにボタンを押すので球の威力が◎約3割引だろうと
触れなければ関係無し。これを練習して出来るようになればかなり楽しいです。
◎ちなみにこの約3割引はフラットショットと組み合わせれば強打できます。
(ここまで来たら自分基準で上級者です)