※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スライスショット

 主に守備的な意味合いで使用されるが、体勢が悪いまま打つとピンチになるのはトップと同様。 
 キャラやプレスタによって極端にトップが弱い場合は、攻める時も頻繁に使っていくことになるが、初心者ほど軽視しがちでスライスの打ち方・対処が甘くなってくる。
 このゲームの性質上、攻撃的に使っていくほうが結果的に良い守りに繋がるのでピンチの時だけでなく、使い所を考えて活用していきたい。


①2バウンドギリギリのショット

 当然の事だがわざわざ浮いたチャンスボールをスライスで打つことは限られているので、主にこの打点で打っていくのが基本となる。
 ※この打点じゃないバックのスライスはかなり自分に引き付けて打たないと硬直が長くなるので注意。  
 2バンのトップよりも更に弾道が低く跳ねないので、ショートのアングルにも安心して打つことが出来るし、球速も遅いため打った直後に前に詰めたり、体勢を整えるのに充分な時間を稼げる。
 また、逆に前に詰められ相手をストレートで抜く時は、トップだと溜めがないと厳しいこともあるので、スライスの方が打つモーションが早く球筋も安定している。ロブと併用して使い分けるのも良い。
 一番良い練習はCOM戦でスライス縛りで戦うこと(ボレーはOK)。
 面が進むと時折ドロップを打って来るので、自キャラがギリギリ拾える距離を覚えよう。

 返す側も2バンギリで返すことが多くなるが、トップの時よりもバウンドが低いので、ベースラインよりも内に入っていたほうが補球しやすい。
 相手がスライスで構えてたらすぐに移動しておこう。
 足に自身があるなら一気に前に詰めてローボレーを狙っても良い。ボレーヤーの常套手段でもあり成功すれば一気に攻め込める。
 またアプローチも有効だがトップと違い球速が遅いので、バック側へのアングルショットも回り込んで狙える。
 ただ入り方が悪いと前につんのめって浮かせてしまうので、無理だと思ったら普通に返そう。