※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

All Around +


プレイスタイル紹介文:
コントロール重視。
コースをうまく打ち分けて、試合を支配しよう。

AAから、スライスサーブがキックサーブに変化。
他、若干能力の変化があると思われる。

フェデラーで変わった感想
バックの威力が微増。
キックサーブになり、スライスと違って良く曲がるようになる。
ボレーはやや落ち、カウンターの範囲も狭まる。球が軽くなり、足は速くなる。

ハースで変わった感想
AAに比べ足が速くなりボレー、アングル、フォアのトップがわずかに下がるが気にならない程度。しかしバックの強打範囲が広くなり、ストローク戦で崩れにくくなった。スライスサーブがキックサーブになり攻めのバリエーションが増え、総合的に見たらAAよりずっと使いやすくなる。

ロディックで変わった感想
AAに比べ硬直の微増加、足の速さの微低下、ストローク、ボレーの微増加
いずれも変化はすぐに気づくが問題にならないレベルの変化。
サーブはもちろんスピンサーブ。
個人的にはAAは足が速すぎたのでAA+の方が扱いやすい。

ヒューで変わった感想
若干足が軽くなり、ストロークが下がるようである。
CS→CS+の差に比べるととても小さいのであまり気にしなくてもよさそう。
スピンサーブはしっかりと浅い所に落ちてくれるので、サーブに角度がつきにくいヒューにはありがたい。

ブレークで変わった感想
ストローク、スライス能力が下がり
足の速さとボレー能力が微妙に上がる。

グロで変わった感想
足の速さ(特に横移動)が落ち、立ち回りが厳しくなる。
全てにおいて普通のAAの方が勝っていたが、スピンサーブの優位性で補って余りあるレベルなので問題なし。ランニングショット(アプローチ)が出にくくなった。

フェレーロで変わった感想
一言で表現すれば、「足元が軽くなった」。つまり、足回りや硬直は格段に改善されるが、球が浮きやすくストロークも威力は明らかに下がる。対人戦において重要とされるディフェンス能力も安定性に欠けるため、AAの足回りに大きな不満があるのでなければ変更しないほうが無難か。

ナダルで変わった感想
足まわりは変わらないように思えるが、足の速さは微妙に遅くなったように思える。
ストロークのフォームが変わり、若干威力が無くなったように思える。
しかしカウンターが出やすくなった。
ボレーは相変わらず。

アンチッチで変わった感想
足はあまり変わらないような気がする。ストロークは弱体化。
スライスが少し強くなったような気もするが、元々があまり滑らないので効果なし。相対的に弱くなる。


デントで変わった感想
足回りは特に変化なし。
バックのストロークの威力が若干強化され、アングルも付くようになった。
スライスはさらにスピードが遅くなるがドロップは出やすくなる。
気のせいかライジングも出やすいと思われる。
ボレーは変化なし。