※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Counter Shots +


プレイスタイル紹介文:
ディフェンス重視。
安定したショットで相手の隙を突こう。

サーブはMAX204km/h(ヒューイットでも204km/h)。
ストロークはあまり溜めなくてもそこそこ強い球が打て、良い打点できちんと溜めて打てれば、Powerful Strokesには少し劣るがかなり強い球が打てる。
体勢が崩れていても打球が浮きにくい。
コントロールはCounter Shotsと同じく全てのプレイスタイルの中で1、2を争うほど悪い。
スライスは浮きにくいがコントロールの悪さに注意。
ボレーはあまり使えないので前には出ないほうが無難。
足はCounter Shotsより遅くなる。
カウンターがさらに強くなる。
スライスサーブがキックサーブになる。

ヒューイットでの変化
  • サーブがMAX201から204キロへ、スライスサーブがスピンサーブに。
  • カウンター範囲が若干アップ。
  • ボレーは下がったように感じる。
総評:ストロークは変わらないか、若干アップ。
地味にサーブの球速アップが大きくスピンサーブも浅く落ちるのでキープ力は高い。
CSのときより返球が浮いてこないので打点をしっかりと見極めよう。
2バウンドギリの性能は相変わらず優秀なのでしっかりと最低打点でのラリーを意識しよう。
コントロールとボレーは無印と同様にダメなので、弱点をつかせないように。
カウンターは範囲が広すぎなので甘いカウンターを打たされないように。